たけのこと味噌の炒め物

たけのこと味噌の炒め物

悪玉コレステロールを下げるレシピ

この悪玉コレステロールとは血液中に脂質が固まり、血管壁に付着して動脈硬化を進行させます。生活習慣や年齢、動脈が硬くなる症状です。

それにより血液中にさまざまな物質が沈着して血管も傷み細くなります。さらに血液の流れが滞る状態になり、そうなると心筋梗塞脳梗塞などの病気の発症リスクが高くなるのです。

悪玉コレステロール値を下げるには、偏りの食生活、職場での飲み会、運動不足、メタボ症の肥満、ストレスなど、これらを生活を改善するのも簡単ではありません。しかし悪玉コレステロールを下げなければ、動脈硬化により成人病を発症する恐れがあります

食生活の改善では、基本は悪玉コレステロールを下げるには、野菜が一番良いとされています。それは野菜の成分のアミノ酸がコレステロールを分解、抑制する力があるからです。

最近では只、ダイエットするだけではなく、体に良い食材を摂取してコレステロール等のバランスも考えたレシピがたくさん増えています。

食材について

まず食材については、コレステロールが多い物は(肉、卵、魚卵、レバー等)。魚介類は栄養も豊富ですがレステロールも高くなり、注意します
植物性の油がコレステロールは低いです。動物性では(バターやラード)、植物性では(ごま油、なたね油やオリーブがあります)炒め物は後者がおススメです

食物繊維は山野菜にも沢山ふくまれています。(ジャガイモ、かぼちゃ、ごぼう、芋)等、野菜はコレステロールの吸収を抑えて、さらに分解し体外に排出してくれます。

これらを沢山に使った食材レシピが悪玉コレステロールを下げて、健康にも良いです。レシピでは肉を摂取するなら、魚が良いとされ又大豆製品、豆腐等もレシピに摂りいれます。くだものでは食物繊維はとれますが、糖分も含まれているので注意

たけのこと味噌の炒め物

この春の食材を利用したレシピを1つ、
旬の野菜、(たけのこ、アスパラガス、みつば、山菜)など、この山野菜は、食物繊維がたっぷり、カリウムも豊富で塩分も排出してくれます。この食材を使い、(たけのこと味噌の炒め物)がおススメです。

作り方

①フライパンに植物性のオリーブオイルをひきます

②鳥のささみを炒める(豚肉よりは鳥が脂肪分は低)

③バターを少し、たけのこも炒めます。

④醤油、酒、みりん、味噌を別の容器に溶かして、最後にフライパンへさっと入れて炒めます

トッピングで直前に三つ葉などを入れても、一味違います

2016年7月12日 たけのこと味噌の炒め物 はコメントを受け付けていません。 レシピ