中性脂肪とコレステロール違いや関係性

中性脂肪とコレステロール

コレステロールには悪玉と善玉があるということを知っている人は少なくないと思います。しかし、悪玉コレステロールが増えたり、善玉コレステロールが減ったりする原因はどういったことなのでしょうか。また中性脂肪とコレステロールの関係とはどのようなものなのでしょうか。

1.コレステロールとは?

コレステロールは人間の体内に存在している構造脂質です。細胞膜の成分として存在していたり、性ホルモンやステロイドホルモンといったホルモンの元になったり、または胆汁酸やビタミンDの材料になったりと、生命維持に必要な役割を果たしているものです。コレステロールには、悪玉コレステロールと言われる低比重リポタンパク質と、善玉コレステロールという高比重リポタンパク質が∃することがわかっています。

2. 中性脂肪とコレステロール

中性脂肪は、体脂肪の大部分を占める物質です。肉や魚・食用油などにも多く含まれる、食品中の脂質のことでもあります。人の体をささえていく大切なエネルギー源であり、生きていく上で不可欠なものです。食べ物から摂取した糖質、たんぱく質、脂質のうち、余分なものが貯蔵脂質として皮下の脂肪組織や肝臓に蓄えられたものを中性脂肪と呼んでいますが、この中性脂肪が体に取り込まれすぎるとカロリーオーバーになり、体脂肪の増加を招きます。体脂肪が蓄積されすぎると肥満などの生活習慣病を引き起こす原因を作ります。

3.善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールは脂質の一種で、人間の体の中で細胞膜や胆汁酸(消化液)、副腎皮質ホルモンや性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモンなど)の原料となる、人体を維持するのに欠かせない物質です。
コレステロールには、悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールがあります。
コレステロールの7~8割は、体内で合成されています。
悪玉コレステロールは肝臓で作られ、血流により全身に送られて有効利用されていますが、過剰になると血中にたまってしまいます。有効利用されている間は問題のなかったコレステロールが、過剰になると動脈の壁に入り込んで動脈硬化の原因を作り出してしまうのです。
善玉のコレステロールは小腸などで作られ、動脈にたまった悪玉コレステロールを引き抜いて肝臓に回収する役割を果たします。動脈硬化においては、悪玉コレステロールが高すぎること、善玉コレステロールが低すぎることのいずれもが問題になります。善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加するということは、動脈硬化の可能性が非常に高まった状態となっているということなのです。

5.中性脂肪を増やすべきではない

中性脂肪はエネルギー源として欠かせないものではありますが、多すぎる中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪となって成人病の原因となるだけでなく、善玉コレステロールの低下(つまり悪玉コレステロールの増加)を招いて動脈硬化などの症状を引き起こしてしまいます。
血中の中性脂肪の値があがってくると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加するということが分かっています。 内臓脂肪が増加するということは血中の中性脂肪も増加しているということになるのですが、それはさらに善玉コレステロールの減少をも招いているということになるのです。
脂質異常症の約9割は、動物性脂肪に偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣によるもので、遺伝からくる家族性の脂質異常症は1割程度です。
脂質異常症を放置すると、徐々に動脈硬化が進み、狭心症、脳梗塞などで突然死に至ることも珍しくありません。そのため、脂質異常症は高血圧と同様、サイレントキラーと呼ばれます。中性脂肪がもたらす弊害は、症状を自覚した頃には健康に重大な影響を与え、命にかかわる疾患を引き起こしかねません。ずっと健康で過ごすためにも、適正な中性脂肪値を保つよう心がけましょう。

6.運動で善玉コレステロールを増やす

善玉コレステロールを増やすには、食事療法はあまり効果がないということが分かっています。善玉コレステロールが減少している原因としては、肥満、運動不足、喫煙があげられますので、運動をすれば善玉コレステロールの数値があがります。同時に中性脂肪が高い人にも運動が効果を発揮しますので、あわせて改善が期待できます。
なかでも特に効果が高いのが有酸素運動ですので、ジョギングやウォーキングなどを無理のない範囲で長期にわたって続けるようにしてください。また。筋肉量を増やすことも代謝を高めて糖の利用が増えるので、成人病リスクの低減に効果があります。