善玉コレステロールと悪玉コレステロール適正数値と関係性

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

最近では善玉コレステロールを増やすというサプリメントや食品が話題になることがあります。なんだか善玉と聞くだけで良いもののような気はしますが、善玉コレステロールを増やすと体がどんな状態になるのか、悪玉コレステロールとの関係がどうなっているのかについては、理解できているでしょうか。
コレステロールと聞くと脂肪分というイメージが大きいかもしれませんが、脂肪は多すぎても少なすぎても理想的な体からは遠ざかってしまいます。また、体重の重い人や太っている人は確かにコレステロール値が高い傾向にありますが、見た目がまったく太っていない人でも、コレステロール値に異常を抱えている場合もあるのです。

1. コレステロールとは?
コレステロールは、人間の体を維持するために必要不可欠な物質で、細胞膜の構成や維持には欠かせないものです。
筋肉を作るホルモンの原材料ともなっていますし、栄養分・脂肪分の消化を助ける胆汁酸の生産にも大きな役割をもっています。また、ビタミンA,D,Eなどのビタミン代謝にも重要な役割を担っています。
しかしそのコレステロールが増えすぎたり減り過ぎたりすると、体に悪影響を与えてしまうのです。

2. 善玉コレステロールと悪玉コレステロール
コレステロールは、リポタンパクという姿で血液中に存在しています。
そのうちのLDLコレステロールが「悪玉コレステロール」とよばれるもので、HDLコレステロールが「善玉コレステロール」とよばれるものです。
どうして同じコレステロールなのに善玉とよばれるものと悪玉と呼ばれるものがあるのでしょうか。
悪玉コレステロールであるLDLコレステロールは体中にコレステロールを運ぶ働きをしている一方で、余分になったコレステロールを血液中に放置してしまいます。逆に善玉コレステロールであるHDLコレステロールは、その放置されたコレステロールを血液中から回収して肝臓に送って血液中に蓄積させないようにする働きがあるのです。
どちらも血液中には無くてはならない成分で、どちらが欠けても体調に影響を与え、動脈硬化などの原因を引き起こしてしまいます。

3. 善玉コレステロールと悪玉コレステロールの適正な値は?
善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、どちらも健康な体を維持するには必要な物質ですが、その値のバランスが悪くなってしまうことが問題です。
たとえ悪玉コレステロールの値が正常値と判断されても、その一方で善玉コレステロールの値が非常に少ない場合は、実はうまくコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロール値を正常にする役割ができていないかもしれません。
そのため、最近では善玉コレステロールと悪玉コレステロールの値だけに注目するのではなく、その両方のバランスがとれているかどうかを重視するようになってきました。
一般的には、コレステロールについての治療が必要とされるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が140㎎/dl以上か、HDLコレステロールの値が40㎎/dl未満だとされていますが、さらに、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」にも注意が必要です。
その割合が1.5以下であれば血管内がきれいで健康な状態とされています。2.0を超えると血管内のコレステロール値の蓄積が増えていることが考えられ、血圧の異常や糖尿、心筋梗塞などの前歴がある場合には特に気を付けなければならない状態だとされています。

4. 悪玉コレステロールを増やさないためには
まずは摂取カロリーを必要以上とらないことです。食べ過ぎや脂質分、糖分のとり過ぎは悪玉コレステロールを増やす原因になります。
コレステロールを減らすには、大豆や豆腐などの植物性タンパク質や、キノコや海藻などの水溶性食物繊維を多く摂ることで、コレステロールを減らす働きが期待できますし、イワシやサバなどの魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われていますので多く食事に取り入れるのが理想的です。
また、コレステロールを酸化させる大きな原因が喫煙ですので、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。そして、酸化を防ぐビタミンCやEを多く摂ることを心がけましょう。
有酸素運動を行って中性脂肪を減らすのも、悪玉コレステロールを増加させないポイントです。