更年期に増える悪玉コレステロールを下げるには

更年期と悪玉コレステロール

更年期を境に、女性のコレステロール値が急激に上昇することがあります。
これは、女性ホルモンとコレステロールに深い関係があるからなのです。

1.善玉コレステロールと悪玉コレステロール

まずは、コレステロール値について考えてみましょう。
コレステロールには二種類あり、悪玉コレステロールと、善玉コレステロールに分かれています。
悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは、体中にコレステロールを運ぶという大切な働きをしているのですが、一方、余分になったコレステロールを血液中に放置してしまって動脈硬化の原因にもなってしまうので、悪玉コレステロールと呼ばれています。
善玉コレステロールのHDLコレステロールは、悪玉コレステロールが残していってしまったコレステロールを肝臓に送って血液中に蓄積させないようにする働きがあります。

2.エストロゲンの低下が悪玉コレステロール値を上げてしまう?

一般的に、閉経までの女性は、男性に比べて高コレステロールの状態になる割合が少ないのです。
卵胞から出る女性ホルモンのエストロゲンは、悪玉コレステロールを肝臓に取り込む働きをサポートすることが知られています。
エストロゲンは肝臓や小腸での善玉コレステロール成分の合成を増やし、善玉コレステロールを増加させる働きがあるのです。
ところが、女性が卵巣の卵胞が消失して閉経すると、エストロゲンレベルが一気に低下してしまい、今まで処理できていたコレステロールの調整ができなくなってしまい、悪玉コレステロール値が上がってしまうことがあります。
更年期障害の症状の代表的なものには、ほてりや発汗、抑うつ状態などがよく知られていますが、急な体重増加や脂質異常などもその症状のひとつなのです。

3.コレステロール値を下げる方法

まずは摂取カロリーを減らして、肥満状態にならないようにしましょう。中性脂肪の増加は、コレステロール値の増加も招いてしまいます。
コレステロールを減らすには、大豆や豆腐などの植物性タンパク質を摂りましょう。
また、キノコや海藻などの水溶性食物繊維を多く摂ることで、コレステロールを減らす働きが期待できます。
イワシやサバなどの魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われていますので多く食事に取り入れるのが理想的です。
また、コレステロールを酸化させる大きな原因が喫煙ですので、できるだけ禁煙し、酸化を防ぐビタミンCやEを多く含む、緑黄色野菜やナッツ類を多く摂ることを心がけましょう。

4.更年期のコレステロール値を下げるには?

更年期の女性のコレステロール値上昇には、男性のコレステロール値異常の対策に加えて、女性ホルモンを急激に減少させない工夫も必要になってきます。
たとえば、大豆イソフラボンは女性エストロゲンと同じような働きをしますので、大豆からできている食品を積極的に摂るようにするとよいでしょう。
また、ゴマに含まれるリグナンという成分は、抗酸化作用や抗炎症作用があり、エストロゲンと同じ作用を持つ物質にも変化できますので、多く取り入れましょう。
1日2杯のコーヒーに含まれるカフェインは、血液中のエストロゲンレベルを増加させる効果があると言われていますので、普段の飲み物をコーヒーに切り替えるのもよいかもしれません。

5.コレステロールのバランス

善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、どちらも健康な体を維持するには必要な物質ですが、多くなりすぎたり少なくなりすぎると体に悪影響を与えます。
また、悪玉コレステロールの値が正常値と判断されても、その一方で善玉コレステロールの値が非常に少ない場合は、実はうまくコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロール値を正常にする役割ができません。
一般的には、コレステロールについての治療が必要とされるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が140㎎/dl以上か、HDLコレステロールの値が40㎎/dl未満だとされていますが、さらに、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」にも注意しましょう。

1.5以下 健康状態
1.5~2.0 コレステロールの沈着が起こるリスクあり。注意が必要。
2.0~2.5 コレステロールの蓄積が増えて、動脈硬化が疑われる。
2.5以上 血栓ができている可能性あり。心筋梗塞のリスクあり。

2017年10月27日 更年期に増える悪玉コレステロールを下げるには はコメントを受け付けていません。 未分類