LDLコレステロールを下げる食事

野菜

コレステロールは細胞膜を作る必要な脂質で、身体の集合体である細胞膜の再生に欠かせない成分です。

LDLコレステロールを下げる食事や食品には、コレステロールを多く含む食品をとらないようにし、コレステロールを下げる食事をすることも重要です。

コレステロールの70~80%は肝臓など体内で合成されていて、食事に由来するものは約20~30%程度で、人間の身体は食事から摂るコレステロール量が多い時には肝臓で作られるコレステロール量が減り、コレステロール値が高くならないように調整されるしくみになっています。

ただ、食べ過ぎや飲みすぎが続くと、肝臓で作られるコレステロールが増えるということが解っていて、それも増えやすいのはLDLコ レステロールになる事も解っています。

LDLコレステロールは生活習慣に大いに関係が有り、食べ過ぎや過度な飲酒によって増えることに成り、肥満や運動不足、肉を中心とした食生活も、血液中のLDLコレステロールを上げる原因と考えられています。

LDLコレステロールを下げる食品

アルギン酸という植物繊維やDHA、EPA、レシチン、クエン酸などを含む食品がLDLコレステロールを下げる食品としてあり、それらを積極的に摂取することが効果的です。

更にポリフェノールの中のアントシアニン、カテキン、セサミンなどに抗酸化作用が有り、LDLコレステロールの酸化を防ぐ効果が有ります。

動脈硬化が起こる主な原因は、活性酸素によって酸化されたLDLコレステロールが血管の内壁に付き、血管を狭めてしまうことによって起こります。

抗酸化物質であるアントシアニン、カテキン、セサミンなどは、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、LDLコレステロール値の上昇を防ぐことができます。

このポリフェノールを多く含む食品としては、赤ワイン、カカオ、コーヒーなどが有ります。

アルギン酸は、わかめ、昆布に含まれる食物繊維をいいますが、これは野菜の食物繊維と同じように腸内のLDLコレステロールを排出する働きがあります。

わかめ、昆布はカロリーも低く、安心して毎日でも食べることのできる食品です。

DHAとEPAはイワシなどの青魚に含まれる成分で血液の流れを良くし、血中のコレステロ-ルを溶かし、LDLコレステロールを減らしながら、HDLコレステロールを増やす働きがあります。

レシチンは過酸化脂質を出来にくくする働きがあり、血管壁についたLDLコレステロールを取り除き、排せつされることになり、血液中のLDLコレステロール値が下がる結果になります。レシチンを含む食品には卵黄や大豆が代表的です。

クエン酸は、酢酸が体内に入りクエン酸になり、体内の脂肪分を燃焼させることが知られています。体内の脂肪分である中性脂肪を燃焼させることで、LDLコレステロールも減ることに成り、酢の中でも、よりクエン酸が多く含まれる黒酢やリンゴ酢などが良いと言われています。

LDLコレステロールを下げる食事

食事は一般的に、お味噌汁、ご飯、主菜、副菜で成り立ってると思います。

その中で野菜や海藻類、豆腐などの植物性の食物繊維を一番に摂るようにすることがLDLコレステロールには必要です。

それは野菜に含まれる植物繊維が、油脂や糖などと一緒に排出する効果が有るからです。

更に、野菜の繊維質は食後の血糖値を抑え太りにくくする効果も有ります。

意識して野菜を先に食べるようにし、次にタンパク質である肉や魚、最後に炭水化物であるコメやパンを食するのが理想的な食べ方ですが、そうそううまくはいかないのが現状と思われますが、LDLコレステロールを下げるためには仕方が有りません。

最初に野菜などの植物繊維を取る事で、肥満やLDLコレステロールを防ぎ、老化を防止させたり、ボケないなどの効果も期待できます。

夕食は、就寝する2~3時間前には済ませるようにするのが理想的な食事法です。

夜になると副交感神経が働き始め、睡眠や休養を優先させるようになり、筋肉や臓器の働きも減ってきます。

就寝前に食事をすると、胃腸は消化吸収を始めますが、筋肉や他の臓器は就寝に入るためにエネルギー消費をしなくなり、食事によって体の中に入ったエネルギーは中性脂肪に変化して、身体にため込まれるようになってしまうからです。

その様な事から夜食は禁物です。

まとめ

朝、昼、夕の食事は規則正しく食べなければなりません。

朝食を抜く人がいますが、朝食を抜くとエネルギー消費が活発になる日中にエネルギーが不足するようになり、身体は昼や夜にそれを補おうと大食いになったり、間食をしたりして、太りやすい体質になります。

また、不規則な食事をすることで、身体がいつエネルギー補給されるかわわからないので、脂肪として身体に溜めこもうとするようになってしまい、肥満やコレステロールを高くする原因になります。

そのため、朝食は抜かずにしっかり食べることで、インシュリン分泌も抑えられて、脂肪が溜まりにくくすることができ、更に、食事と食事の間を5~6時間空けると、体脂肪が効率よく燃焼されるようになります。

食事は、三食しっかり食べる事と、昼食がカロリーを消費することが多いため、昼食にカロリーの有る物を食べる事が良いと思われます。

LDLコレステロールを意識しすぎて食べ物の良し悪しを決めながら食事するのは、ストレスになります。

ストレスはLDLコレステロールを作る原因にも成る事から、好きな物を食べながら、最初に植物繊維の摂取をすることが理想的な食事法と言うことを認識しながら三食を食べるようにすることが肝心です。

尚、青魚の摂取も効果的な食事で、納豆もナットウキナーゼと言うLDLコレステロールを下げる効果が有ります。

いずれにしても、食べない事はストレスに成ってLDLコレステロール値を上げることに成ります。

最初に野菜を取り、繊維質の摂取によってLDLコレステロール値が下がることに成る事から、食事の最初に繊維質を摂取する事を考えながら食事することが賢明な方法です。

2015年8月13日 LDLコレステロールを下げる食事 はコメントを受け付けていません。 食事 食品