悪玉コレステロールとアルコール-赤ワインとビールは飲んで良いの?

赤ワイン

悪玉コレステロールとアルコール-赤ワインとビールは飲んで良いの?

健康診断などで、「コレステロール値が高い」と診断された経験のあるかたは多いのではないでしょうか?
コレステロール値が高い人にはお酒は禁物のようなイメージですが、実際のところはどうなのでしょう?

悪玉コレステロールとは?

コレステロールとは、細胞膜やホルモン、胆汁などの元となり、人間の体には欠かせない物質です。人の体内で合成されるものと、食べ物の中に含まれているものと二種類があります。

・よく「悪玉コレステロール」「善玉コレステロール」という言い方をしますが、これの正式名称は「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」といいます。
善玉・悪玉となっていますが、実はコレステロールには善も悪もありません。
一般のかたに分かりやすいようにそう呼んでいるだけです。

LDLコレステロールは、コレステロールを肝臓から神経に運ぶ役割をしています。 LDLコレステロールが増えすぎると血管の壁にコレステロールが溜まって脂肪のかたまりとなり、動脈硬化の原因になってしまいます。そのため“悪玉”と呼ばれています。

HDLコレステロールは、余ったコレステロールを肝臓へ回収する働きをして、結果として動脈硬化を防ぐために“善玉”と呼ばれています。コレステロールであるのは同じですが、違う役割をするのです。

コレステロールとアルコール

・適度のアルコールは体内の血行を良くして食欲を増進し、心身をリラックスさせて善玉コレステロールを増やす働きをするともいわれています。しかし、アルコールを摂取しすぎると血中の中性脂肪が高くなり、善玉コレステロールを減らしてしまいます。

お酒を飲むときには必ず適量を守るようにしましょう。
1日に飲む適量は、ビール大瓶1本、日本酒一合、ワイングラス2杯と言われています。その中でも近年、コレステロールの気になる人は赤ワインとビールを飲むとよいといわれています。

赤ワインとビールでコレステロール値が下がる?

赤ワインには善玉コレステロールが酸化して悪玉コレステロールになるのを防ぐ、ポリフェノールがたくさん含まれています。赤ワインを毎日飲むフランス人は、肉食中心にも関わらず、動脈硬化が少ないというデータが出ています。

ビールの苦味成分であるホップは、コレステロールの上昇を抑制する効果があることが分かってきました。

赤ワインやビールを飲むときには、ピーナッツやアーモンド、クルミなどを一緒に食べるといいとされています。ナッツ類には血圧を下げる働きをする不飽和脂肪酸や、カリウムやカルシウムが含まれているためです。