悪玉コレステロールが原因でなる病気

メタボ

悪玉コレステロールが原因でなる病気

悪玉コレステロールが溜まると、様々な成人病にかかるといわれています。どんな種類の成人病に罹るのか、まとめてみました。

コレステロール値の異常

脂質異常症
健康診断などでコレステロール値が高いと診断される症状が、脂質異常症です。脂質異常症には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多いタイプと、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少ないタイプとの二種類があります。

・脂質異常症には、はっきりとした自覚症状がないため、ほとんどが健康診断の検査で発見されます。

血液がドロドロになる

動脈硬化
動脈硬化は血管に弾力性がなくなり、スムーズに血液が流せなくなる症状のことです。はっきりとした自覚症状がないので、「沈黙の殺人者」などという異名まであります。動脈硬化の原因は、血中に悪玉コレステロールが増えて、血管に脂肪のかたまりができるためといわれています。

脳梗塞
脳梗塞は、動脈硬化が進んだ状態で発症する病気です。脳の血管が脂肪のかたまりで詰まって血流が低下し、酸素や栄養が脳に行き渡らなくなって脳の一部分が壊死してしまう病気です。

脳梗塞になると、意識障害や体の麻痺、言語障害や記憶障害、失語症などの症状が出ます。発作を起こすと死亡する確立も高いため、早急な治療が必要です。

心臓の病気

狭心症
狭心症は、心臓の表面を走っている冠動脈という血管が細くなり、心筋に酸素が行き渡らなくなる病気です。胸の辺りが痛くなったり息苦しくなるという症状が出ます。
狭心症の原因の一つが脂質異常症です。脂質異常症になると血液がドロドロになるため、血管壁に脂肪が付着して血管内部が狭くなってしまうためといわれています。

心筋梗塞
心筋梗塞は、狭心症が進んだことによって起こる病気です。動脈硬化などにより心臓の周囲の冠動脈の血液が流れなくなり、心臓の細胞が壊死してしまう症状です。
心筋梗塞が起こると激しい胸の痛みを感じ、動悸やめまいを起こし、失神することもあります。

間歇性跛行症
間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)は、脚の痺れや痛みが起こる病気です。少し歩いただけで足に痛みを感じ、少し休むとまた歩けるようになりますが、しばらくするとまた痛みがぶり返す症状が出ます。
この病気は神経から来るものと、動脈硬化により血流が悪くなって起こるものとの二つに分けられます。

胆石症
胆石症は、胆汁を溜める袋の中や胆汁が流れる道に、石が出来てしまう病気です。みぞおちや右わき腹、背中などに激しい痛みが起こります。しかし、まれに痛みがなく無自覚な場合もあります。
体内にコレステロールが増えると、肝臓から胆汁の中に排出されます。胆汁の中にコレステロールが増えすぎると、これを核にして結石ができて、胆石症の原因になります。