悪玉コレステロールの異常値は?

健康診断

悪玉コレステロールの異常値は?

健康診断の結果で「コレステロールが異常値になった」という結果が出て、ショックを受けるかたも多いのではないでしょうか。この「コレステロール値」とは何なのかご存知でしょうか?
詳しく解説します。

悪玉コレステロールとは?

悪玉コレステロールの正式名称は「LDLコレステロール」といい、善玉コレステロールの正式名は「HDLコレステロール」といいます。

・コレステロールは細胞膜やホルモンや胆汁の元となる、体には欠かせない養分です。 LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを末梢細胞にまで運ぶ役割をしていますが、増えすぎると血管の壁に脂肪のかたまりが出来てしまい、動脈硬化の原因になります。

・逆に HDLコレステロールには、末梢細胞で余ったコレステロールを肝臓に回収してくれる役割があります。このことから LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と呼ばれるようになりました。

コレステロールの数値

コレステロールの数値は、血液1デシリッターに含まれるコレステロールをミリグラムで表します。単位はmg/dlです。LDLコレステロールは、総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)という式で計算します。

境界域
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が120~139mg/dl以内だと、境界域といわれます。これは注意が必要な状態です。病気がないかどうか再検査し、治療の必要があるかどうか検討します。

高コレステロール血症
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が140mg/dl以上だと、高 LDLコレステロール血症と診断され、治療の必要があります。

低コレステロール血症
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が40mg/dl未満だと、低 HDLコレステロール血症と診断され、治療が必要になります。

中性脂肪値
中性脂肪値(トリグリセライド値)も重要です。150mg/dl以上だと、高中性脂肪(高トリグリセライド)血症と診断されます。

異常値が出たらどうする?

・検査で悪玉コレステロール値が高いという結果が出た場合は、すみやかに生活習慣の改善が必要です。まずは肉類や脂肪分の多い食事は減らし、DHAやEPAの多い青魚の食事に切り替えましょう。コレステロールを下げる効果のある、食物繊維の多い野菜も取るようにしましょう。

喫煙の習慣のある人は、これを機会に禁煙するのがよいでしょう。お酒は控えるようにして、適度な運動を心がけるようにしましょう。女性は閉経後にコレステロール値が高くなる傾向があるので、注意しましょう。