悪玉コレステロールを早く下げる方法

玄米と味噌汁

コレステロールって何?

 

食生活の改善など、健康についての話をしていると、よくコレステロールという言葉を耳にしますよね。健康診断の時に「コレステロールが高いですね。下げるように食生活を見直してくださいね」なんて言われたりする人も、よくいるのではないでしょうか。

そんなわけで、コレステロールは悪いもの、というイメージを持っている人がほとんどだと思いますが、実はそうではありません

コレステロールとは、一種の脂質のようなもので、人の体全体に存在するものです。コレステロールは人間の体の細胞を生成する役割を果たしていたり、ビタミンDの合成に使われたり、人を元気にする力を高める副腎皮質ホルモンや脂肪の消化を助けてくれる胆汁酸を作る材料の1つにもなってくれている、とても大切な働きをする物質なんですよね。

なので、コレステロールは決して悪いものではありません。では、なぜコレステロールの値を気にするようによく言われるのでしょうか。それには、コレステロールの善玉と悪玉について知っておく必要があります。悪いもののように言われているコレステロールは、この、悪玉コレステロールのことだからです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

 

先ほどもお話したように、コレステロールは脂質の仲間です。脂なので、血液の中に溶けてしまうということはありません。ですので、体の中を循環するときには、コレステロールはリポタンパクという形になって循環します。そして、善玉コレステロールと悪玉コレステロールは、この、リポタンパクがどれだけ入っているかという比重の違いによって区別されているんですね。

悪玉コレステロールとは、別名LDLコレステロールと言われていて、コレステロールを多く含む、低比重リポタンパク質で、働きとしては、肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ働きをしています。

善玉コレステロールは、別名HDLコレステロールと言われていて、悪玉コレステロールとは違い、タンパク質を多く含む高比重リポタンパク質で、働きとしては、コレステロールを肝臓に戻す、お掃除的な役割を担っています。

コレステロールが高くなると、血液の中にある余分なコレステロールを善玉コレステロールが上手く運べなくなってしまい、余分な悪玉コレステロールが血管に残ってしまって、高脂血症動脈硬化などの病気になる原因を作ってしまうのです。

こういうわけで、「コレステロールに気を付けて」と言われた場合は、悪玉コレステロール、LDLコレステロール値を下げてください、というわけなんですよね。

 

悪玉コレステロールを下げる方法

 

では、悪玉コレステロールを下げるには、どういったことをすれば良いのでしょうか。最初にもお伝えしたように、悪玉コレステロールも善玉コレステロールも、人間には欠かせないものです。ですが、悪玉コレステロールが増えすぎてしまってはいけません。適度な値を保てるようには、やはり食生活の改善生活習慣の見直しが必要となります。

まず、食生活の改善としては、おおまかに言うと、洋食から和食に切り替える、ということです。

肉よりは魚、脂っこいものよりもあっさりとしたもの。動物性のタンパク質よりも食物性のタンパク質をとること、野菜や海草、大豆などをバランスよくとること。昔ながらの和食が悪玉コレステロールを下げるのには適していますね。

あとは、甘いものを食べ過ぎないこと、そしてお酒を控えることです。

生活習慣については、運動不足は良くありませんので、適度に運動をして、規則正しい生活をしましょう。

これらに気を付けてしばらく生活をすれば、悪玉コレステロールの値も下がってくると思います。

健康診断などで指摘をされると心配になりますが、悪玉コレステロールがなさすぎても血管が弱くなったりして、逆にそれも良くありません。

なので、気にしすぎず、ストレスを貯めない程度に改善していきましょう。

2015年5月29日 悪玉コレステロールを早く下げる方法 はコメントを受け付けていません。 その他