悪玉コレステロールを早く下げる食事の方法

和食

コレステロールを下げるためには

 

年齢が上がってくると、健康診断などで医師からの指導が入ることも残念ながら増えてきてしまいます。

食生活や生活習慣は、おそらくほとんどの人が指摘されることではないでしょうか。

血圧について指摘される人もいれば、コレステロール値について指摘される人など様々です。

コレステロールを下げるためには、適度な運動をすることも大切ではありますが、やはり基本は食事を見直すことでしょう。

では、どういった食事をすればコレステロールは下げられるのでしょうか。

このページでは悪玉コレステロールを下げるための食事の方法を書いて
ありますが、どの様な食品が悪玉コレステロールを下げるかについて
は他のページに紹介していますので、そちらもご覧下さい

>>悪玉コレステロールを下げる食品ランキングはこちら<<

 

朝食は和食

 

コレステロールを下げるために良い食事は、和食です。

洋食は脂質が多いですが、和食は世界でも注目されているヘルシーな食事です。コレステロールを気にしている方は、ぜひもう一度日本食の素晴らしさを見直し、和食を基本としてメニューを考えていただきたいと思います。

一日の食事をみてみると、まず朝食は多くの人がパンなどの洋食を自然ととられているのではないでしょうか。朝は時間がないので、手軽に食べられるパンを手にしやすいと思います。ですが、コレステロールを気にしているのであれば、朝食はぜひ和食に切り替えてください。

朝食をパンにしてしまうと、まずパン自体にバターや牛乳などの乳製品が使われています。さらに、トーストしてバターを塗ったりすると、さらに脂質アップとなってしまいます。

これに添えるおかずとしても、卵だったりウィンナーやベーコンだったりと、これまた脂質がアップしてしまいます。サラダやスープなどで野菜を補ったとしても、全体的に脂質はどうしても多くなってしまいます。

ですが、これを和食に切り替えてみると、まずごはん。これだけでもパンよりはヘルシーですよね。それだけではなく、白米ではなく玄米や雑穀米に変えるとさらに良いですね。

また、おかずは鮭などの魚を焼いて添えれば、お肉よりお魚なのでヘルシーです。野菜もサラダを添えても良いし、前日などに作っておいた煮物などを付けても良いですね。汁物に関しては、ワカメや豆腐などの入ったお味噌汁が良いですね。海草や大豆もコレステロールを下げてくれる食品です。

一日の最初に口にする食事は、ぜひヘルシーな和食にしてもらいたいと思います。

 

好きなものは昼食に

 

朝食はぜひ和食にしてもらいたいものですが、でもどうしても洋食を食べたい、こってりした脂っこいものが大好きで、我慢することが辛い、なんて人ももちろんいます。いくら健康のため、コレステロールを下げるためとはいえ、毎日ずっと好きでもない食べ物を食べ続け、食べたいものを食べられないのは苦痛です。

そこで、アドバイスです。

どうしても食べたい高カロリーや高脂質のものがあれば、そういったものは昼食に食べましょう。朝食は空っぽの胃に最初に入れる食事なので、やっぱりヘルシーで栄養満点な内容にしていただきたいですが、お昼は一番エネルギーを消費する食事です。どうしても食べたいものは、昼食にいただくようにしましょう。

ですがそのときも、野菜や大豆、海草などのコレステロールを下げるおすすめ食材を必ず一緒に食べることを忘れないでくださいね。例えば、どうしてもファーストフードが食べたいのであれば、大豆が入った野菜サラダをコンビニなどで買って一緒に食べられると良いですね。

 

夜は軽めに

 

夕食は三食の中で、一番軽めにいただいて欲しいものです。夕食後は特に体を動かすことはなく寝るだけですよね。胃腸を休めるためにも、負担になりにくい脂質を抑えたあっさりしたものを、腹八分くらいの量を目安に食べるようにしましょう。

豆乳鍋や魚、煮物など良いですね。

薬に頼りたくない!
でも早くコレステロールを下げたいならやっぱりトクホです

私はこれで薬を使わずコレステロールが下がりました!
矢印

kitosan

2015年5月29日 悪玉コレステロールを早く下げる食事の方法 はコメントを受け付けていません。 食事