コレステロールを下げるキトサンサプリメントおすすめ人気はこれ!

当サイトがおすすめするキトサンが含まれているサプリメントは

トクホの大麦若葉です

キトサンが含まれているサプリメントは昔から人気が高く、長い間サプリメントの成分として使われ続けています。

そんなキトサン入りのサプリメントですが、これを摂取するのであればトクホの大麦若葉がおすすめです。

トクホの大麦若葉のキトサンを4週間摂取すると、悪玉コレステロール値が減少するという公式な試験データもりあり、効果を実感している方が多数います。



 

キトサンはコレステロール値をコントロールする効果が期待できる事から、昔からダイエットサプリメントなどに使われる事が多い成分でした。

大麦若葉のおすすめポイントについて

それでは、キトサンが含まれているサプリメントのトクホの大麦若葉はどこがおすすめポイントなのでしょうか?

<トクホの大麦若葉は初回限定価格が安いので試しやすい>

キトサンが含まれているトクホの大麦若葉は青汁タイプで粉状のサプリメントです。青汁なので健康飲料のカテゴリに入りますが、効率よく健康成分や栄養素を摂取できるので人気が高いロングセラー商品となっています。

トクホの大麦若葉はそれに加えてキトサンの力で悪玉コレステロールを撃退しようというコンセプトのサプリメントになります。

そんなトクホの大麦若葉ですが、定期お届けコースで申し込みをすると初回限定価格が安いので気になっている人は試しやすいかと思われます。

通常3800円でコレステロール対策が可能なのもお手頃価格で魅力的ですが、定期コース初回限定価格はこれと同じ物が送料無料1000円で購入できます。

また、定期お届けコースは毎回送料無料になるほか、次回配達予定日の10日前までに手続きすれば休止や解除がいつでもできます。

ちなみに定期コースを利用しなかった場合は初回限定価格が送料無料3420円になります。

<【キトサン入り】トクホの大麦若葉のおすすめポイント>

■キトサンでコレステロールの量を減らす

トクホの大麦若葉にはカニの殻由来のキチンから製造されたキトサンが配合されています。キトサンには血中コレステロールの使用量を増やす効果が見られるため、これによって血中コレステロール値の低下に貢献してくれます。

また、コレステロールの再吸収を抑え、便と一緒に体外に排出する効果も期待できます。

上記でも取り上げたように、4週間摂取する試験では、トクホの大麦若葉を摂取したところ、悪玉コレステロール値が減少する効果が見られたそうです。

悪玉コレステロールが気に始めたら、重篤な生活習慣病を引きおこす前からキトサン入りのサプリメントや生活習慣の改善で体をケアしていきましょう。

■他社のキトサンサプリメントよりも栄養が摂取できる!

トクホの大麦若葉の原材料として使われている大麦若葉の栄養素に関しては、数々の青汁のCMなどで広く知られています。

だいたいは野菜何個分の…といった表現が用いられますが、トクホの大麦若葉もビタミンB2や葉酸や鉄分など、積極的に摂取したい栄養素が摂取できます。

これらはただのキトサンサプリメントには入っていない事も多いですから、トクホの大麦若葉ならではのおすすめポイントと言えるでしょう。

■トクホの大麦若葉は抹茶が入っているので美味しい

昔はまずいけどもう一杯的なCMをやっていたため、青汁は不味い飲み物というイメージでしたが、最近の青汁は製造技術や各社の工夫によって美味しく飲める物も増えてきています。

特に大麦若葉の青汁は総合的に見て味が良い事が多いですが、トクホの大麦若葉は抹茶が配合されているので更にすっきりと香り高く、美味しく飲む事ができます。しかも抹茶は緑茶の一種です。

緑茶には様々な健康効果がある事で知られています。緑茶を毎日飲む事で得られる健康効果なども取り沙汰されていますが、トクホの大麦若葉にも抹茶が配合されているのでその恩恵を受けられると思われます。

<キトサンのサプリメント摂取時の注意点>

キトサンはカニなどの甲殻類の殻から作られているので、食物アレルギーがある人は要注意です。また、アレルギーは急に発症する事もあるため、体がおかしいと感じたら飲むのをやめて医療機関に相談してください。

<キトサン入りのトクホの大麦若葉を試した方が良い人の特徴>

最近コレステロール値が気になり始めた人はもちろんの事、普段の食生活で脂っこい物や甘い物が好き・野菜不足・食べているつもりで思ったより野菜を摂れていないといった人は、キトサン入りのトクホの大麦若葉を日常生活に取り入れていく事がおすすめです。

できれば悪い生活習慣は改善していった方が良いのですが、そのためには食生活を変えるといったように非常に我慢を強いられる事となりますので、なかなか難しい人も多いです。

キトサンが含まれているサプリメントの中でも、トクホの大麦若葉なら毎日サッと溶かして飲むだけなので続けやすく、抹茶風味が好きな人は毎日の楽しみとなる事も多々あるのでおすすめです。

水やぬるま湯でそのまま溶かして飲むなど、トクホの大麦若葉を飲んでいる人達はそれぞれ自分の好みに合わせて工夫して使っています。

定期コースの初回は送料無料1000円ですが、臨床試験では4週間飲むとコレステロール値に良い変化が見られたという事なので、1ヵ月以内に効果が出やすいとわかっているのは、自分に合うか合わないかもすぐにわかるという事なのでこの点も良いと思われます。

 

>>キトサンサプリの大麦若葉青汁を試してみる<<



亜鉛サプリメントはいつ摂取(飲む)のが効果的なの?

<亜鉛サプリ効果が一番でる摂取時間とタイミング>

亜鉛は育毛や精力増強、新陳代謝の正常化や免疫力のアップといったように、様々な効果が期待できる栄養素です。また、体内の酵素をうまく活用するためにも必要です。

亜鉛不足は健康や正常な体の発達に悪影響が出る上に、毎日の食事で一日に摂取したい量をクリアしづらいという特徴もあります。

亜鉛不足が気になる人や、亜鉛を積極的に摂取して何らかの効果を高めたいと思っている人達の間では、亜鉛が多く含まれる食事よりも亜鉛サプリが人気です。

亜鉛が豊富に含まれている食材には牡蠣などが挙げられますが、毎日食べ続けるのは不可能という人も多いです。また、その他の食品には牡蠣ほどではないですが亜鉛が含まれているものも存在します。

ですがそれらをできるだけ食卓に組み入れたとしても、3食栄養バランスに気を配ってようやく一日の摂取目安量をクリアできる感じである事が多いので、これを継続していく事は結構大変なのではないでしょうか?

このように、適切に摂取する事で体に良い効果をもたらす亜鉛サプリですが効果が一番出る摂取時間やタイミングはあるのでしょうか?

<亜鉛サプリをより効果的に摂取できるタイミングとは?>

亜鉛サプリは薬ではなく、健康食品という位置づけなので、詳しく飲むタイミングなどを表記すると法律違反となってしまいます。そのため一日に飲む目安量は書いてあっても、飲み方などについてしっかり書かれていないのが普通です。

亜鉛サプリを効果的に摂取できるタイミングは特に無いという意見も多いですが、亜鉛はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率を高める事ができます。

という事は、空腹時などに飲むよりも食事と一緒に摂取した方がタイミング的には効果的だと思われます。亜鉛サプリは食後に飲んでおくと、食事で摂取した栄養素との相乗効果で吸収率が良くなるなどのメリットがあります。

ビタミンC以外では食べ物に含まれているクエン酸にも吸収率が良くなる効果があるそうです。

<亜鉛の一日の摂取量はどれくらいがベストなのか>

新陳代謝や育毛、男女の生殖機能、体内に存在する多種類の酵素に深く影響する亜鉛ですが、一日の摂取量で推奨されているのは男性で12mg~40mg、女性で9mg~35mgとなります。

これを日々の食事だけで摂ろうとすると非常に難しいです。亜鉛が入っている食品にはもともと生の状態で含まれている量というのが存在しますが、加熱する事で亜鉛の量が減ってしまう事が多いです。

そして更に、摂取した食べ物に入っている亜鉛全てが体内に吸収されるわけではありません。亜鉛はもともと吸収率が悪く、摂取した多くが体外へとそのまま排出されてしまいます。

充分な亜鉛の量を摂ろうとすれば一食だけ食事に気を使っているだけでは難しく、はっきり言ってしまいえば亜鉛サプリで補う方がはるかに簡単なのです。

亜鉛サプリであればあらかじめ配合されている亜鉛の量がわかりますし、亜鉛の吸収と相性が良い栄養素も一緒に含まれている事もあります。

<亜鉛と相性の良い食べ物!一緒に食べると効果的>

亜鉛と相性の良い食べ物は、吸収率を高めてくれるビタミンCやクエン酸が含まれている食品です。

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、いちご・柿・キャベツ・キウイ・グレープフルーツなどを食べるのがおすすめです。

亜鉛を多く含む食品は毎日食べるのが難しい物も多いのでこれはサプリメントで補い、毎日の食事は野菜や果物を取り入れてバランスのとれたメニューにしていくとより効果的です。

亜鉛は最近抜け毛が増えてきた・髪の毛のハリが無くなってきた・生理周期が乱れがち・男性機能に衰えを感じる・新陳代謝を活発化させたいといった希望がある人には特におすすめですよ。

亜鉛サプリ効果が出るまでの時間はどのくらい?

サプリメントの効果の現れ方や効果・効能はサプリメントによって随分違いがありますが、亜鉛サプリメントの場合は体に必須の栄養素の一つなので飲んでもムダになるという事は無く、有効に使う事が出来るのが特徴です。

育毛や妊活、美肌効果や味覚障害の改善といったように、亜鉛サプリには多くの効果・効能があります。亜鉛サプリの効果が出るまでの時間は飲む人が望んでいる効果によって若干違いがあるのが普通です。

<亜鉛サプリの効果が出るまで>

亜鉛サプリの効果が出るまでの時間は個人差の他にも求める効果により、時間を要するものと比較的早期に効果が実感できるものとに分かれます。

亜鉛サプリに限らずサプリを飲んでいる人からすれば、できるだけ早く効果が出て欲しいと思うのが普通です。しばらく飲んでいるのに全く効果が実感できなければ、サプリ代がムダに感じる上に飲み続けるモチベーションもダウンしてしまいますよね?

亜鉛サプリは亜鉛の不足分を補う使い方が一般的ですので、効果が出るまでには割と日数を要します。体内に必要な分の亜鉛が蓄積されて亜鉛不足の状態を解消しつつ、それが体内で有効に使われ始めると、亜鉛特有の効果である新陳代謝の機能がアップしたり正常化し始めるようになります。

また、体内の数々の酵素へのアプローチも盛んに行われるようになっていくでしょう。

では、亜鉛サプリの効果として代表的かつ需要が高いものについて、効果が出るまでのおおよその時間がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。

■肌トラブル・美肌目的

お肌は古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる一つのサイクルがあります。これはターンオーバーと呼ばれていますので、お肌に対しての興味がある人ならば一度は聞いた事がある言葉ではないでしょうか?

亜鉛不足の人や、一日に摂取したい推奨量をクリアできない日が続きがちな人はお肌の代謝機能が衰えがちになります。これによって乾燥肌や皮膚の炎症などが引き起こされ、肌トラブルになってしまう事があります。

このような肌トラブルを解消する目的の場合、亜鉛サプリを飲んで効果が出るまでの時間は最低でも一か月半ほどを要します。人間のターンオーバーのサイクルはだいたい35日~40日ほどですが、受けているダメージによっては2サイクルほど時間がかかってしまう事があるので三か月程度は亜鉛を飲み続けてみることをおすすめします。

■味覚障害の改善について

亜鉛不足で起きる欠乏症で多くの人が発症するのが味覚障害です。味覚障害の半数以上は亜鉛不足が原因で起きています。舌にある味を感じるための器官が生まれ変わる事で人間は味覚を維持する事ができるのですが、亜鉛不足になると細胞が生まれ変わる事ができなくなって味を感じにくくなってしまいます。

舌の細胞は10日ほどで生まれ変わりますが、味覚障害の改善のために亜鉛サプリを飲み始めてから効果が出るまでには一か月ほどかかります。

また、このタイプの人は亜鉛不足が深刻ですから、味覚が復活しても食生活が改善できない場合は継続して亜鉛をサプリで補っていく必要があるでしょう。

■勃起障害

亜鉛には男性機能の改善効果が期待できます。勃起障害は男性にとって深刻な問題なので、これを改善しようと亜鉛サプリに手を出す人も多いです。

ですが勃起障害に関しては原因がいくつも存在します。まず一度は医療機関で診断してもらうことをおすすめします。その結果、糖尿病といった生活習慣病や神経系の病気など、何らかの重篤な病が隠れている場合には亜鉛だけを飲んでも効果は望めません。

ですが勃起障害が病気由来のものではなく、加齢による男性機能の衰えである場合は亜鉛サプリが効果的です。飲んだ翌日に効果を実感できたという話もある位ですが、この点に関しては個人差による部分も大きいのでなんとも言えないのがもどかしいところです。

■男性不妊

男性不妊も基本的には医療機関への受診がおすすめです。男性側が原因の不妊は、男女両方に原因がある場合も含めて全体の半数近くになります。

最近は高齢で妊活する夫婦も増えてきているため、男性側も妊活の体作りのために亜鉛サプリを飲む人が増えてきています。亜鉛には精子の量を増やしたり、元気な精子を作り出すなど、良質な精子を作り出す効果があります。

精巣で精子が作られ、それが射精するまでには70日ほどを必要としますので、2~3ヵ月飲み続ける事で効果が出る人も増えてきます。

■女性の不妊・生理不順の改善

亜鉛は女性が飲むと不妊や生理不順の改善に役立つとされています。亜鉛は女性の体作りにも大切な栄養素です。

亜鉛を適量摂取し続ける事で、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌や働きを助ける効果が現れ始めるとされています。

ホルモンバランスの乱れによって無排卵状態だったり、生理不順だった場合は不妊の原因につながります。亜鉛を摂取する事でこれらを改善できる可能性があるので、亜鉛サプリで摂取量をコントロールすると女性の体を整えるのに役立ちます。

女性の体を整えるために亜鉛サプリを飲む場合、効果が出るまでには最低でも二か月程度は飲み続ける必要があります。亜鉛不足の日が多いとわかっている場合は時々サプリメントで補給する習慣を付けると良いですが、三か月ほどを目安として生理周期などに改善が見られる事が多いようです。

不妊についても原因は色々あります。特に30歳以降に妊活する人は、妊活を初めて一年たっても赤ちゃんが出来なかったら医療機関に相談した方が良いという意見もあります。

■育毛・薄毛のケア

亜鉛は髪の毛を作り出すのに必要で、亜鉛サプリメントを摂取する事で髪の毛の成長を促進する効果も見られます。そのため育毛や薄毛のケアのために亜鉛サプリメントを飲む人もいますが、薄毛に関しては亜鉛サプリメントだけでは改善できないケースが多いです。

亜鉛入りの育毛専用サプリメントや、サプリ以外の薄毛治療などをする事で兆しが見える事があります。亜鉛が髪の毛を作り出す効果が出るまでは1~3ヵ月程度かかりますが、髪が生えてこなくなった毛根を再生させることが出来るかどうかについてはかなり眉唾です。

<亜鉛サプリを飲み続けたい理想的な期間>

亜鉛サプリの効果が出るまでには、1ヵ月半~3ヵ月程度かかるケースが多いようです。不妊・勃起不全・味覚障害といった深刻なケースでは医師のアドバイスも必要ですが、健康的な体を作っていく上で亜鉛は欠かせない栄養素なので適切に摂取すればそれなりに体内では効果的に消費されます。

亜鉛サプリなどの栄養素サプリは、もし三か月ほど摂取しても自分では自覚できる効果が無かったとしても、体内で有効に使われているはずなので全くのムダにならない所がメリットです。

亜鉛サプリはしばらく続ける事が大切なので、効果が出るまでどれくらいかを焦るよりも、栄養補給として気長に続けてみることをおすすめします。

LDLコレステロールを下げる薬と副作用

くすり

くすり

コレステロールが高くなる主な原因は、生活習慣によるものが多いとされています。
 
動脈硬化が進でる場合等は、病院でも薬の処方はしますが、多くは生活習慣の改善によってコレステロールを下げる努力が必要になります。
 
それは、LDLコレステロールは薬によって完治しなく、運動や食事などの生活習慣の改善が不可欠だからです。
 
更に薬によってLDLコレステロールを下げる効果の有る物と、HDLコレステロールを増やす薬が有り、病院によっても違うことを知らねばなりません。
 
コレステロールの基準は高LDLコレステロール値140mg/dI以上、低HDLコレステロール値40m/dI未満とされており、これに匹敵する場合は薬と共に生活習慣の改善が必要になります。
 

薬の分類と薬品名

スタチン系薬剤にはリピトール、セルた、リポバスなどの薬品が有りコレステロール生成の酵素を抑制しLDLコレステロール値を下げる働きが有ります。
 
陰イオン交換樹脂製剤の薬品にはコレスチラミン、コレスチミド、コレバイン等が有り、コレステロールの肝臓での再生性を促し、下げる役割を行います。
 
ニコチン酸製材はトコフエロール、ニコモール、ニセリトール等が有り、中性脂肪の生成を抑制しHDLコレステロールを増やす働きのある薬です。
 
フィブラート系製剤にはベザフィブラート、リピディル、フェノフィブラートなどの薬品が有り、中性脂肪を下げLDLコレステロール値も下げHDLコレステロールを増やす作用の薬です。
 
EPA薬も有り、イコサペント酸エチルと言う薬品で、青魚に含まれる不飽和脂肪酸で出来た薬で、血液をサラサラにし中性脂肪を下げる薬です。
 
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤でゼチーアやエゼチミブと言う比較的、新しい薬も有ります。
 
それは肝臓から作られるコレステロールと食べ物から摂取するコレステロールの吸収を阻害しLDLコレステロール値を下げHSLコレステロール値を増やす事の出来る薬です。
 

副作用

それぞれLDLコレステロール値を下げたり中性脂肪を下げる効果は有りますが、多くの薬品と同じ副作用も覚悟しなければなりません。
 
スタチン系薬剤には腹痛や倦怠感、時によっては横紋筋融解症などを起こします。
 
横紋筋融解症は横紋筋が壊れてしまう病気で、筋肉痛や筋力低下、脱力感を感じたり赤褐色の尿が出たり、時として急性腎不全等の重篤な腎障害が現れることがあるので、早期治療が必要になり、すぐに病院へ行かなければなりません。
 
陰イオン交換樹脂製剤には腹部膨張感や便秘が有ります。
 
ニコチン酸製剤には顔が熱を帯び赤くなったり、ほてったりする症状が有ります。
 
フィブラート系製剤には肝機能障害の副作用が時折見受けられ、筋肉が痛んだり違和感がある事も有ります。
 
EPA薬も胃の不快感や吐き気を催すことが有り、食欲不振などを起こします。
 
小腸コレステロールトランスポーター阻害剤は食欲不振、便秘などの副作用が有ります。
 

まとめ

いずれにせよ病院ではLDLコレステロール値を下げる薬は、他にも色々とありますが、コレステロール値は薬を服用することで改善され、服用をやめるとコレステロールの値は元に戻ってしまい、副作用も伴うため慎重に使用すべきです。
 
米国では中高年女性にはコレステロール降下剤は不用と言われています。
 
それは、女性は閉経に伴ってLDLコレステロール値が30mg位が自然に上がる事から高LDLコレステロールと判定されないからです。
 
日本は、男性、女性、若年も老人も基準値は一緒で、閉経後の女性は高LDLコレステロール血症と判定されてしまいます。
 
いずれにしてもLDLコレステロール値を下げる薬には副作用も有り、更に、使い続けなければ効果が無く、服用をやめるとコレステロールの値は元に戻ってしまう物です。
 
LDLコレステロール値は食生活に起因することが多く、生活習慣と共に食生活の改善によって下がることが考えられます。
 
肥満の解消や禁煙、過度な飲酒の改善、適度な有酸素運動など、正しい食生活を送る事で避けられる症状です。
 
LDLコレステロールを下げる食品を積極的に摂る事や、LDLコレステロールを多く含む食品を摂らない事等を意識した生活習慣を送る事が大切です。

悪玉コレステロールを下げるサプリメント

サプリメント

サプリメント

 

悪玉コレステロールを下げる方法

 

コレステロールを下げる方法はいくつかあります。それは、健康的な食生活、適度な運動、そして悪玉コレステロールを下げるサプリメントをとること、です。

まずは食事についてお話しましょう。悪玉コレステロールを下げるには、食事を改善することです。食品には、コレステロールを上げる食品もあれば、下げる食品もあります。悪玉コレステロールを下げる食品を効果的にとれば、かなり改善の効果がみられると思います。

コレステロールを下げる食品はいくつかありますが、例をあげると、納豆、シイタケ、魚、カキ、などがあります。

魚は青魚がおすすめです。青魚に含まれるDHAはコレステロールを下げる効果が高いので、積極的に食べると良いですね。

運動不足はコレステロールだけではなく、健康を保つためには欠かせないことですよね。激しい運動まではする必要はありませんが、コレステロールを下げるためには、有酸素運動を日常的に行うことは大切です。出来るだけ時間を作って、歩いたり、エクササイズをしたり、などすると良いですね。

最後に、サプリメントについてお話します。コレステロールを下げるには食事を改善することが大切ですが、食事だけではなかなか効果的に栄養をとるのは難しいところもあります。そこで力になってくれるのが、サプリメントです。不足している栄養や、コレステロールを下げてくれる成分のサプリメントをとれば、上手に悪玉コレステロール値を下げることが出来るでしょう。

 

悪玉コレステロールに効果的なサプリメント

 

悪玉コレステロールを下げたい人は、一体どんなサプリメントを選んでいるのでしょうか。サプリメントでコレステロールを下げようとしている人が注目しているサプリメントがあります。

それは、DHAです。DHAとは一体どんな成分で、どういう効果があるのでしょうか。

 

 DHAの効果

 

DHAがなぜ注目されているのかというと、それは、悪玉コレステロールだけを上手に減らしてくれるからです。コレステロールには2つ種類があり、善玉と悪玉と分かれています。そのうち、増えすぎると体に良くないと言われている悪玉コレステロールだけを下げてくれるのが、このDHAなんです。

DHAは血液中の中性脂肪を減らしてくれて、ドロドロとした血をサラサラにしてくれる効果があります。中性脂肪まで減らしてくれるなんて素晴らしいですようね。中性脂肪はコレステロールを同じで血液中に存在します。これが増えすぎてしまうと、皮下脂肪も増えてしまうんですよね。

それだけではなく、内臓にも皮下脂肪がたまってしまって、脂肪肝や心臓肥大などのとても深刻な病気を引き起こしてしまうこともあります。また、血液中にも中性脂肪がたまってくると、動脈硬化も引き起こしてしまいます。

これら深刻な病気を予防してくれるのが、DHAなんですね。

DHAは青魚に多く含まれているので、積極的に食べてくださいとお伝えしましたが、では逆に、青魚ではなくお肉を食べるとどうなるのでしょうか。肉中心の食生活を送っていると、血液がドロドロになり、動脈硬化などの血栓症を引き起こしやすくなってしまいます。先ほどの青魚とは逆効果ですね。お肉はときどきにして、出来るだけ魚、青魚を食べるようにしましょう。