LDLコレステロールとは?基準値は?

肥満

肥満

コレステロール細胞膜を作る必要な脂質で、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸と共に出来ていて、エネルギーや身体を構成する働きのあるものです。

人間の身体は多くの細胞の集合体で、細胞は再生と破壊を繰り返し行って、再生時細胞膜の成分になるのがコレステロールとリン脂質が行います。

副腎皮質ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンなどもコレステロールが材料となっています。

 

LDLとは

コレステロールその物にはLDLとかHDLの種類は無く、区別は血液中を運ぶリポタンパク質の働きで決められていきます。

コレステロールは、脂質のため血液とはなじまず血液とコレステロールをなじませる役目をリポタンパク質が行っています。

HDLやLDLはリポタンパク質の中の種類で、善玉コレステロールをHDL、悪玉コレステロールをLDLと言われています。

コレステロールとリポタンパク質が血液中で合成されHDLやLDLになって血液の流れで全身に回るのです。

血液中のLDLが過剰になると、血管壁に沈着し血管を細くし動脈硬化などに成る事から悪玉コレステロールと言われています。

逆にHDLコレステロールは血管に沈着した悪玉コレステロールを取る働きが有り血の流れを改善する事から善玉コレステロールと言われているのです。

 

コレステロール基準値

一般にコレステロール値と言うのは血液中の総コレステロール値200mg未満が正常値でHDLやLDLすべてを含んだ値です。

コレステロール220mg以上を高コレステロール値と言い、LDL140mg以上が高脂血症と診断される基準になっていて、これは動脈硬化疾患の判断基準とされています。

総コレステロールは、加齢と共に高くなり、また血液中に余分なLDLコレステロールが増えすぎ、基準値を上回る状態が続くことで動脈硬化が進み、狭心症などの原因に成り、気がつかない間に進行していき、突然、狭心症などの病気になるという恐ろしさがあります。

動脈硬化は悪玉のLDLコレステロール値が高いだけでなく、善玉のHDLコレステロール値からも影響を受けます

HDLコレステロールは、血管に沈着したコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあります。

HDLコレステロールが多ければ、LDLコレステロールがやや多めでも、動脈硬化はなりにくく、逆にHDLコレステロールが少なければ、動脈硬化を促進させる可能性が高くなると言われています。

 

LDLコレステロールの出来る原因

LDLコレステロールは、コレステロールを多く含む食べ物のとりすぎが理由と言われていますが、それだけではLDLコレステロール値は上がりません

コレステロールの70~80%は体内で合成されてつくられ、20~30%が食べ物から作られると言われています。

食べ物以外でも、肥満、ストレスなどの生活習慣、遺伝などがLDLコレステロール値を上げる原因になっています。

肥満

肥満の人は中性脂肪が多く、中性脂肪によってインスリンの働きが低下し、LDLコレステロール値が上がることに成ります。

尚、同じ肥満でも、皮下脂肪型肥満に比べて、内蔵脂肪型肥満のほうが、LDLコレステロール値も上がりやすくなります。

ストレス

ストレスがコレステロールにも影響があります。

それはストレスがかかると、交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が活発になり、血液中の遊離脂肪酸の量を増やす事で、血液中のLDLコレステロールを増やします。

また副腎皮質ホルモンは、血管を収縮させる作用もあり、血液を固まりやすくし、血栓ができるのを早めるともいわれています。

ですからストレスは血管を収縮させる作用によって血圧が上げ、LDLコレステロール値と共に動脈硬化の危険因子になるのです。

喫煙と飲酒

生活習慣も大いにLDLコレステロール値を上げる原因です。
特に喫煙は血管を収縮させる作用が有り禁物です。

適量のアルコール類は、血液の循環をよくし、ストレス解消になったり、善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあるといわれています。

ただ、アルコール摂取が過剰になると、中性脂肪も増え善玉のHDLコレステロールが減少して、LDLコレステロール値が上がる理由になります。

糖尿病の20~50%に脂質異常症がみられるといわれていて、多くの場合、中性脂肪値が高くなりLDLコレステロール値が高くなるようです。

遺伝

確率は低いものの、遺伝でLDLコレステロール値が高くなる場合があります。

家族性高コレステロール血症と言い、子供の時からすでに高いLDLコレステロール値を示します。

両親のどちらかから受け継いで、LDLコレステロール値が高くなりやすい体質の遺伝子によるものです。

いずれにしてもLDLコレステロールは、血管を痛めたり塞いだり動脈硬化を起こす悪玉です。

食事と共に生活習慣を気を付けなければ成りません。