更年期に増える悪玉コレステロールを下げるには

更年期と悪玉コレステロール

更年期を境に、女性のコレステロール値が急激に上昇することがあります。
これは、女性ホルモンとコレステロールに深い関係があるからなのです。

1.善玉コレステロールと悪玉コレステロール

まずは、コレステロール値について考えてみましょう。
コレステロールには二種類あり、悪玉コレステロールと、善玉コレステロールに分かれています。
悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは、体中にコレステロールを運ぶという大切な働きをしているのですが、一方、余分になったコレステロールを血液中に放置してしまって動脈硬化の原因にもなってしまうので、悪玉コレステロールと呼ばれています。
善玉コレステロールのHDLコレステロールは、悪玉コレステロールが残していってしまったコレステロールを肝臓に送って血液中に蓄積させないようにする働きがあります。

2.エストロゲンの低下が悪玉コレステロール値を上げてしまう?

一般的に、閉経までの女性は、男性に比べて高コレステロールの状態になる割合が少ないのです。
卵胞から出る女性ホルモンのエストロゲンは、悪玉コレステロールを肝臓に取り込む働きをサポートすることが知られています。
エストロゲンは肝臓や小腸での善玉コレステロール成分の合成を増やし、善玉コレステロールを増加させる働きがあるのです。
ところが、女性が卵巣の卵胞が消失して閉経すると、エストロゲンレベルが一気に低下してしまい、今まで処理できていたコレステロールの調整ができなくなってしまい、悪玉コレステロール値が上がってしまうことがあります。
更年期障害の症状の代表的なものには、ほてりや発汗、抑うつ状態などがよく知られていますが、急な体重増加や脂質異常などもその症状のひとつなのです。

3.コレステロール値を下げる方法

まずは摂取カロリーを減らして、肥満状態にならないようにしましょう。中性脂肪の増加は、コレステロール値の増加も招いてしまいます。
コレステロールを減らすには、大豆や豆腐などの植物性タンパク質を摂りましょう。
また、キノコや海藻などの水溶性食物繊維を多く摂ることで、コレステロールを減らす働きが期待できます。
イワシやサバなどの魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われていますので多く食事に取り入れるのが理想的です。
また、コレステロールを酸化させる大きな原因が喫煙ですので、できるだけ禁煙し、酸化を防ぐビタミンCやEを多く含む、緑黄色野菜やナッツ類を多く摂ることを心がけましょう。

4.更年期のコレステロール値を下げるには?

更年期の女性のコレステロール値上昇には、男性のコレステロール値異常の対策に加えて、女性ホルモンを急激に減少させない工夫も必要になってきます。
たとえば、大豆イソフラボンは女性エストロゲンと同じような働きをしますので、大豆からできている食品を積極的に摂るようにするとよいでしょう。
また、ゴマに含まれるリグナンという成分は、抗酸化作用や抗炎症作用があり、エストロゲンと同じ作用を持つ物質にも変化できますので、多く取り入れましょう。
1日2杯のコーヒーに含まれるカフェインは、血液中のエストロゲンレベルを増加させる効果があると言われていますので、普段の飲み物をコーヒーに切り替えるのもよいかもしれません。

5.コレステロールのバランス

善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、どちらも健康な体を維持するには必要な物質ですが、多くなりすぎたり少なくなりすぎると体に悪影響を与えます。
また、悪玉コレステロールの値が正常値と判断されても、その一方で善玉コレステロールの値が非常に少ない場合は、実はうまくコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロール値を正常にする役割ができません。
一般的には、コレステロールについての治療が必要とされるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が140㎎/dl以上か、HDLコレステロールの値が40㎎/dl未満だとされていますが、さらに、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」にも注意しましょう。

1.5以下 健康状態
1.5~2.0 コレステロールの沈着が起こるリスクあり。注意が必要。
2.0~2.5 コレステロールの蓄積が増えて、動脈硬化が疑われる。
2.5以上 血栓ができている可能性あり。心筋梗塞のリスクあり。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール適正数値と関係性

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

最近では善玉コレステロールを増やすというサプリメントや食品が話題になることがあります。なんだか善玉と聞くだけで良いもののような気はしますが、善玉コレステロールを増やすと体がどんな状態になるのか、悪玉コレステロールとの関係がどうなっているのかについては、理解できているでしょうか。
コレステロールと聞くと脂肪分というイメージが大きいかもしれませんが、脂肪は多すぎても少なすぎても理想的な体からは遠ざかってしまいます。また、体重の重い人や太っている人は確かにコレステロール値が高い傾向にありますが、見た目がまったく太っていない人でも、コレステロール値に異常を抱えている場合もあるのです。

1. コレステロールとは?
コレステロールは、人間の体を維持するために必要不可欠な物質で、細胞膜の構成や維持には欠かせないものです。
筋肉を作るホルモンの原材料ともなっていますし、栄養分・脂肪分の消化を助ける胆汁酸の生産にも大きな役割をもっています。また、ビタミンA,D,Eなどのビタミン代謝にも重要な役割を担っています。
しかしそのコレステロールが増えすぎたり減り過ぎたりすると、体に悪影響を与えてしまうのです。

2. 善玉コレステロールと悪玉コレステロール
コレステロールは、リポタンパクという姿で血液中に存在しています。
そのうちのLDLコレステロールが「悪玉コレステロール」とよばれるもので、HDLコレステロールが「善玉コレステロール」とよばれるものです。
どうして同じコレステロールなのに善玉とよばれるものと悪玉と呼ばれるものがあるのでしょうか。
悪玉コレステロールであるLDLコレステロールは体中にコレステロールを運ぶ働きをしている一方で、余分になったコレステロールを血液中に放置してしまいます。逆に善玉コレステロールであるHDLコレステロールは、その放置されたコレステロールを血液中から回収して肝臓に送って血液中に蓄積させないようにする働きがあるのです。
どちらも血液中には無くてはならない成分で、どちらが欠けても体調に影響を与え、動脈硬化などの原因を引き起こしてしまいます。

3. 善玉コレステロールと悪玉コレステロールの適正な値は?
善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、どちらも健康な体を維持するには必要な物質ですが、その値のバランスが悪くなってしまうことが問題です。
たとえ悪玉コレステロールの値が正常値と判断されても、その一方で善玉コレステロールの値が非常に少ない場合は、実はうまくコレステロールを肝臓に運んで血液中のコレステロール値を正常にする役割ができていないかもしれません。
そのため、最近では善玉コレステロールと悪玉コレステロールの値だけに注目するのではなく、その両方のバランスがとれているかどうかを重視するようになってきました。
一般的には、コレステロールについての治療が必要とされるのは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が140㎎/dl以上か、HDLコレステロールの値が40㎎/dl未満だとされていますが、さらに、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」にも注意が必要です。
その割合が1.5以下であれば血管内がきれいで健康な状態とされています。2.0を超えると血管内のコレステロール値の蓄積が増えていることが考えられ、血圧の異常や糖尿、心筋梗塞などの前歴がある場合には特に気を付けなければならない状態だとされています。

4. 悪玉コレステロールを増やさないためには
まずは摂取カロリーを必要以上とらないことです。食べ過ぎや脂質分、糖分のとり過ぎは悪玉コレステロールを増やす原因になります。
コレステロールを減らすには、大豆や豆腐などの植物性タンパク質や、キノコや海藻などの水溶性食物繊維を多く摂ることで、コレステロールを減らす働きが期待できますし、イワシやサバなどの魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの働きを抑制すると言われていますので多く食事に取り入れるのが理想的です。
また、コレステロールを酸化させる大きな原因が喫煙ですので、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。そして、酸化を防ぐビタミンCやEを多く摂ることを心がけましょう。
有酸素運動を行って中性脂肪を減らすのも、悪玉コレステロールを増加させないポイントです。

中性脂肪とコレステロール違いや関係性

中性脂肪とコレステロール

コレステロールには悪玉と善玉があるということを知っている人は少なくないと思います。しかし、悪玉コレステロールが増えたり、善玉コレステロールが減ったりする原因はどういったことなのでしょうか。また中性脂肪とコレステロールの関係とはどのようなものなのでしょうか。

1.コレステロールとは?

コレステロールは人間の体内に存在している構造脂質です。細胞膜の成分として存在していたり、性ホルモンやステロイドホルモンといったホルモンの元になったり、または胆汁酸やビタミンDの材料になったりと、生命維持に必要な役割を果たしているものです。コレステロールには、悪玉コレステロールと言われる低比重リポタンパク質と、善玉コレステロールという高比重リポタンパク質が∃することがわかっています。

2. 中性脂肪とコレステロール

中性脂肪は、体脂肪の大部分を占める物質です。肉や魚・食用油などにも多く含まれる、食品中の脂質のことでもあります。人の体をささえていく大切なエネルギー源であり、生きていく上で不可欠なものです。食べ物から摂取した糖質、たんぱく質、脂質のうち、余分なものが貯蔵脂質として皮下の脂肪組織や肝臓に蓄えられたものを中性脂肪と呼んでいますが、この中性脂肪が体に取り込まれすぎるとカロリーオーバーになり、体脂肪の増加を招きます。体脂肪が蓄積されすぎると肥満などの生活習慣病を引き起こす原因を作ります。

3.善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールは脂質の一種で、人間の体の中で細胞膜や胆汁酸(消化液)、副腎皮質ホルモンや性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモンなど)の原料となる、人体を維持するのに欠かせない物質です。
コレステロールには、悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールがあります。
コレステロールの7~8割は、体内で合成されています。
悪玉コレステロールは肝臓で作られ、血流により全身に送られて有効利用されていますが、過剰になると血中にたまってしまいます。有効利用されている間は問題のなかったコレステロールが、過剰になると動脈の壁に入り込んで動脈硬化の原因を作り出してしまうのです。
善玉のコレステロールは小腸などで作られ、動脈にたまった悪玉コレステロールを引き抜いて肝臓に回収する役割を果たします。動脈硬化においては、悪玉コレステロールが高すぎること、善玉コレステロールが低すぎることのいずれもが問題になります。善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加するということは、動脈硬化の可能性が非常に高まった状態となっているということなのです。

5.中性脂肪を増やすべきではない

中性脂肪はエネルギー源として欠かせないものではありますが、多すぎる中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪となって成人病の原因となるだけでなく、善玉コレステロールの低下(つまり悪玉コレステロールの増加)を招いて動脈硬化などの症状を引き起こしてしまいます。
血中の中性脂肪の値があがってくると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加するということが分かっています。 内臓脂肪が増加するということは血中の中性脂肪も増加しているということになるのですが、それはさらに善玉コレステロールの減少をも招いているということになるのです。
脂質異常症の約9割は、動物性脂肪に偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣によるもので、遺伝からくる家族性の脂質異常症は1割程度です。
脂質異常症を放置すると、徐々に動脈硬化が進み、狭心症、脳梗塞などで突然死に至ることも珍しくありません。そのため、脂質異常症は高血圧と同様、サイレントキラーと呼ばれます。中性脂肪がもたらす弊害は、症状を自覚した頃には健康に重大な影響を与え、命にかかわる疾患を引き起こしかねません。ずっと健康で過ごすためにも、適正な中性脂肪値を保つよう心がけましょう。

6.運動で善玉コレステロールを増やす

善玉コレステロールを増やすには、食事療法はあまり効果がないということが分かっています。善玉コレステロールが減少している原因としては、肥満、運動不足、喫煙があげられますので、運動をすれば善玉コレステロールの数値があがります。同時に中性脂肪が高い人にも運動が効果を発揮しますので、あわせて改善が期待できます。
なかでも特に効果が高いのが有酸素運動ですので、ジョギングやウォーキングなどを無理のない範囲で長期にわたって続けるようにしてください。また。筋肉量を増やすことも代謝を高めて糖の利用が増えるので、成人病リスクの低減に効果があります。

コレステロールを下げるキトサンサプリメントおすすめ人気はこれ!

当サイトがおすすめするキトサンが含まれているサプリメントは

トクホの大麦若葉です

キトサンが含まれているサプリメントは昔から人気が高く、長い間サプリメントの成分として使われ続けています。

そんなキトサン入りのサプリメントですが、これを摂取するのであればトクホの大麦若葉がおすすめです。

トクホの大麦若葉のキトサンを4週間摂取すると、悪玉コレステロール値が減少するという公式な試験データもりあり、効果を実感している方が多数います。



 

キトサンはコレステロール値をコントロールする効果が期待できる事から、昔からダイエットサプリメントなどに使われる事が多い成分でした。

大麦若葉のおすすめポイントについて

それでは、キトサンが含まれているサプリメントのトクホの大麦若葉はどこがおすすめポイントなのでしょうか?

<トクホの大麦若葉は初回限定価格が安いので試しやすい>

キトサンが含まれているトクホの大麦若葉は青汁タイプで粉状のサプリメントです。青汁なので健康飲料のカテゴリに入りますが、効率よく健康成分や栄養素を摂取できるので人気が高いロングセラー商品となっています。

トクホの大麦若葉はそれに加えてキトサンの力で悪玉コレステロールを撃退しようというコンセプトのサプリメントになります。

そんなトクホの大麦若葉ですが、定期お届けコースで申し込みをすると初回限定価格が安いので気になっている人は試しやすいかと思われます。

通常3800円でコレステロール対策が可能なのもお手頃価格で魅力的ですが、定期コース初回限定価格はこれと同じ物が送料無料1000円で購入できます。

また、定期お届けコースは毎回送料無料になるほか、次回配達予定日の10日前までに手続きすれば休止や解除がいつでもできます。

ちなみに定期コースを利用しなかった場合は初回限定価格が送料無料3420円になります。

<【キトサン入り】トクホの大麦若葉のおすすめポイント>

■キトサンでコレステロールの量を減らす

トクホの大麦若葉にはカニの殻由来のキチンから製造されたキトサンが配合されています。キトサンには血中コレステロールの使用量を増やす効果が見られるため、これによって血中コレステロール値の低下に貢献してくれます。

また、コレステロールの再吸収を抑え、便と一緒に体外に排出する効果も期待できます。

上記でも取り上げたように、4週間摂取する試験では、トクホの大麦若葉を摂取したところ、悪玉コレステロール値が減少する効果が見られたそうです。

悪玉コレステロールが気に始めたら、重篤な生活習慣病を引きおこす前からキトサン入りのサプリメントや生活習慣の改善で体をケアしていきましょう。

■他社のキトサンサプリメントよりも栄養が摂取できる!

トクホの大麦若葉の原材料として使われている大麦若葉の栄養素に関しては、数々の青汁のCMなどで広く知られています。

だいたいは野菜何個分の…といった表現が用いられますが、トクホの大麦若葉もビタミンB2や葉酸や鉄分など、積極的に摂取したい栄養素が摂取できます。

これらはただのキトサンサプリメントには入っていない事も多いですから、トクホの大麦若葉ならではのおすすめポイントと言えるでしょう。

■トクホの大麦若葉は抹茶が入っているので美味しい

昔はまずいけどもう一杯的なCMをやっていたため、青汁は不味い飲み物というイメージでしたが、最近の青汁は製造技術や各社の工夫によって美味しく飲める物も増えてきています。

特に大麦若葉の青汁は総合的に見て味が良い事が多いですが、トクホの大麦若葉は抹茶が配合されているので更にすっきりと香り高く、美味しく飲む事ができます。しかも抹茶は緑茶の一種です。

緑茶には様々な健康効果がある事で知られています。緑茶を毎日飲む事で得られる健康効果なども取り沙汰されていますが、トクホの大麦若葉にも抹茶が配合されているのでその恩恵を受けられると思われます。

<キトサンのサプリメント摂取時の注意点>

キトサンはカニなどの甲殻類の殻から作られているので、食物アレルギーがある人は要注意です。また、アレルギーは急に発症する事もあるため、体がおかしいと感じたら飲むのをやめて医療機関に相談してください。

<キトサン入りのトクホの大麦若葉を試した方が良い人の特徴>

最近コレステロール値が気になり始めた人はもちろんの事、普段の食生活で脂っこい物や甘い物が好き・野菜不足・食べているつもりで思ったより野菜を摂れていないといった人は、キトサン入りのトクホの大麦若葉を日常生活に取り入れていく事がおすすめです。

できれば悪い生活習慣は改善していった方が良いのですが、そのためには食生活を変えるといったように非常に我慢を強いられる事となりますので、なかなか難しい人も多いです。

キトサンが含まれているサプリメントの中でも、トクホの大麦若葉なら毎日サッと溶かして飲むだけなので続けやすく、抹茶風味が好きな人は毎日の楽しみとなる事も多々あるのでおすすめです。

水やぬるま湯でそのまま溶かして飲むなど、トクホの大麦若葉を飲んでいる人達はそれぞれ自分の好みに合わせて工夫して使っています。

定期コースの初回は送料無料1000円ですが、臨床試験では4週間飲むとコレステロール値に良い変化が見られたという事なので、1ヵ月以内に効果が出やすいとわかっているのは、自分に合うか合わないかもすぐにわかるという事なのでこの点も良いと思われます。

 

>>キトサンサプリの大麦若葉青汁を試してみる<<