悪玉コレステロール下げる飲み物 トクホもおすすめ!

緑茶3

緑茶3

悪玉コレステロール下げる飲み物

悪玉コレステロールは、細胞膜や筋肉になるホルモンや胆汁の元となる大切な養分ですが、溜まりすぎると血管内で脂肪のかたまりになり、動脈硬化の原因になります。この悪玉コレステロールを下げるおすすめの飲み物を紹介します

特定保健用食品

・トクホ飲料

「特定保健用食品」という言葉を聞いたことがあるかたもいるでしょう。

略して「トクホ」と呼ばれるこの商品は、特定の保健の効果が期待できることを、

表示することが許可されている食品のことです。

・「血圧高めのかたに」「コレステロールが気になるかたに」「体脂肪が付きにくい」「血糖値が気になる」などの言葉でCMで紹介されているのでご存知のかたも多いでしょう。トクホの中でも飲料は占める割合が高い商品です。

 

トクホで代表的なコレステロールを下げる飲み物には、

ニッスイのイマークS、
大正製薬の大麦若葉青汁、サントリーの黒烏龍茶、花王のヘルシア緑茶、
キリンのパーフェクトフリー、
アサヒの十六茶W

などがあります。

トクホのコレステロールを下げる飲み物で人気でおすすめは

大正製薬が販売している”大麦若葉青汁”です
kitosan

大正製薬の大麦若葉は飲みやすいし効果も高い

”青汁”と聞くと、苦い、美味しくない飲み物というイメージを持つ方が
多いと思いますが、

最近の青汁は、飲みやすさに重点を置いているので、本当に美味しいです。
正直、市販で購入する緑茶より美味しいので、普段食事中に飲むお茶
代わりに飲むことができるので長続きします。

大麦若葉青汁は最近テレビの健康番組でも頻繫に紹介されている
”キトサン”を配合した飲み物で、

悪玉コレステロールを効率よく下げる飲み物として注目されています

製薬会社である大正製薬の商品なので安心です

 

大正製薬大麦若葉キトサン効果

 

大正製薬の大麦若葉は、飲みやすいのでおすすめです

 

しかし、トクホ以外に普段私たちが飲んでいるものにも、コレステロールを下げる
飲み物があります。

お茶でコレステロールを下げる

ローズヒップティー
ハーブのローズヒップには、コレステロールを減少させ中性脂肪と血糖値を抑える効果があるので、まさに理想のコレステロールを下げる飲み物といえます。また、ビタミンCはレモンの20倍もあり、鉄分やカルシウムやリコピンも豊富に含まれています。しかもノンカフェイン、低タンニンなので安心安全です。

杜仲茶
杜仲茶にはコレステロールを下げる働きがあるとともに、血管を広げて血の巡りをよくし肝臓と腎臓の働きを助ける効果があります。杜仲茶を取り続けると、長寿ホルモンであるアディポネクチンが増えるというデータもあります。

緑茶
お茶に含まれているカテキン(タンニンの一種)は、コレステロールの吸収を抑える効果があります。1日3回、できれば茶葉ごと飲むのが理想的とされますが、タンニンには摂取しすぎると鉄分が吸収されにくくなり貧血を起こすこともあるので、飲みすぎは禁物です。

紅茶
カテキンと赤い色素のテアフラビンというポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、血管を活性化させる作用があります。

その他の飲み物

豆乳
中性脂肪と悪玉コレステロールを減らす効果がある、大豆たんぱく質が豊富に含まれています。

オレンジジュース
脂肪肝を予防してコレステロール値を正常にしてくれる、イノシトールという健康成分が入っています。

赤ワイン
ポリフェノールが豊富で、1日グラス2杯までなら善玉コレステロールを増やしてくれるといわれています。

 

悪玉コレステロールを下げる飲み物商品名で紹介

サントリー黒ウーロン茶

黒烏龍茶

テレビコマーシャルで有名なサントリーの黒ウーロン茶。

サントリー黒ウーロン茶の特徴には脂肪の吸収を抑える、身体に脂肪がつきにくい
のが特徴です。

ウーロン茶に含まれている「ウーロン茶ポリフェノール」が特に脂肪の吸収を抑える
効果が高い成分の1つです。

それは小腸で脂肪を分解して吸収しやすくする酵素の働きを抑えるのです。
そのことで、脂肪の吸収が抑えられて、体外に排出されていきます。

食後の血中中性脂肪の上昇を抑えて、体に脂肪がつきにくくなるのが大きな特徴となります。脂肪の多い食事を摂ることが多い人や、中性脂肪が高めの人や、体脂肪が多くて気になっている人の改善に効果が期待されるのです。

サントリー黒ウーロン茶を食事と一緒に摂ることで、食事で摂った余分の脂肪の吸収を抑制して排出するのです。ダイエットを目指している人にとっても助けとなるお茶です。

値段:350mlは160円、1000mlのものは429円、1500mlは552円です。

 

ニッスイのイマークS
イマークSは、中性脂肪を下げる効果があると言われている特定保健用食品です。

 



一般的に、中性脂肪を下げるためにはお茶が有効だと言われています。
しかし、中性脂肪を下げるためにはカテキンとポリフェノールが必要だと言われています。
そのため、カテキンとポリフェノールを多く含んでいる烏龍茶が良いとされていますが、毎日飲み続けていくのが難しいと感じる方もいることでしょう。

しかし、ニッスイのイマークSは、青魚に含まれているEPAやDHAを配合しており、継続的に摂取していくことで血液中の中性脂肪の値を下げる効果が期待されます。
また、一日につき一本を目安に摂取していくので、烏龍茶やお茶のペットボトルを買うよりも安く済むのです。

ただし、ニッスイのイマークSは、スーパーやコンビニエンスストアで販売されているものではなく、通販で販売されているものになります。
公式のサイトやインターネットショッピングのサイトなどでも扱っていますので、一度見てみてはいかがでしょうか。

気軽に飲んで中性脂肪を下げる効果のあるイマークSを試してみてはいかがでしょうか。

花王ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶

 

毎日飲むお茶を変えるだけであなたも健康になれるかもしれません。
最近では、様々なメーカーから健康や美容を意識したお茶が発売されていますが、

花王ヘルシア緑茶」もその一つです。
花王ヘルシア緑茶は、脂肪を代謝する力を高めるお茶なので体脂肪が気になる方に
お勧めです。
「毎日飲んでいたら体重が減った」と報告されている例もあり、
ダイエット効果が高い飲み物でもあります。

その理由は、脂肪を分解と消費に働く酵素の活性を高める「茶カテキン」が豊富に含まれているからです。
茶カテキンとは、日本の緑茶に多く含まれるもので抗酸化作用を要するポリフェノールの一種です。

茶カテキンには脂肪の燃焼のほかにも殺菌作用、抗がん作用、高血圧低下作用、血糖値上昇抑制作用などの多くの生理作用があります。

一本当たりの価格は190円ほどで、スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなどで購入が可能です。
通販サイトのほうがお値うちに購入できる場合もあります。

花王ヘルシア緑茶には高濃度の茶カテキンが含まれているため効果も絶大なのですが、緑茶には「カフェイン」が多く含まれているので、健康になりたいからと言って飲みすぎには注意しましょう。

人によって胃腸に不快感を覚える場合もあります。

キリンのパーフェクトフリー

悪玉コレステロールを下げる

キリンのパーフェクトフリーは、食物繊維の一種である難消化性デキストリンを配合し、脂肪の吸引を抑えているノンアルコールのビールテイスト飲料です。

難消化性デキストリンとは、消化にしくい食物繊維であり、糖質や脂質の吸収スピードを緩めるはたらきをもっています。

ダイエットをする上ではこの作用は大変重要です。
人間は食べ物を摂取すると血糖値が上がるのですが、急に上がれば上がるほど太りやすくなります。

ですから緩やかに上昇すればそれだけ太りにくくなると考えることが出来ます。
食物繊維なので腸の調子を整える効果を期待することが出来ます。
便通がよくなるので代謝が上がります。

内臓脂肪を低下させるはたらきも持っています。
内臓脂肪がつきにくくなる効果がありますが、内臓脂肪が減るわけではないので注意が必要です。
ミネラル成分の吸収を高めるはたらきももっています。
カロリーゼロ、糖質ゼロなノンアルコールビールテイスト飲料で、のどごしもよく味も爽快なので、食事などの際にお茶の代わりにいただいても問題ないです。
ダイエット中にどうしてもビールを飲みたい人などにもおすすめです。
キリンのパーフェクトフリーの値段ですが、350ミリリットルで158円(税込み)です。

アサヒの十六茶

16tya

アサヒの十六茶は、1993年の発売から23年間で十数回にも及ぶリニューアルを重ねた結果、長年愛されるお茶のブランドとなりました。そこでアサヒ十六茶の人気の秘密を紹介します。
まず十六茶というネーミングの由来は、6臓6腑+4味覚という東洋の考えをもとに、厳選した16種類の素材を使用していることから来ています。身体の内6臓6腑と身体の外4味覚に対し、バランス良く刺激を与えることを目的としています。ちなみにこだわりの十六素材とはヒマワリの種・たんぽぽの根・黒豆・昆布・ナツメ・大麦若葉・びわの葉・発芽大麦・大麦・カワラケツメイ・ハトムギ・玄米・桑の葉・ハブ茶・発芽玄米・とうもろこしです。これら日本人になじみ深い健康素材を多く配合することで、日本人好みの甘みと香ばしさを実現しているのです。さらにお水は純水を使用しているので、深い味わいとスッキリした飲み心地を実感できます。また十六茶はカフェインゼロなので、妊婦さんや授乳中のママさんでも安心して飲めます。
最後に十六茶の主な商品ラインナップを紹介します。缶入りは、245g(希望小売価格税別86円)と340g(115円)の2タイプです。ペットボトルは、275ml(115円)と350ml(124円)、600ml(140円)の3タイプです。あくまでもメーカー希望小売価格なので、スーパーなどではもっと割安で購入できます。

 

大正製薬が販売している”大麦若葉青汁”です
kitosan