タコのカルパッチョ

タコのカルパッチョ

タコのカルパッチョ
コレステロールが、食べ物から摂取するものだと思っている方が多いようですが、実は肝臓で作られる方が多いのです。

肝臓機能が強くなければ悪玉コレステロール値を下げることは難しいのです。
肝臓の機能が低下するとコレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まり、動脈硬化高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる食品といえば魚介類です。その中でも有名なのがタコですね。
タウリンがたくさん入っている食品です。
タコを使ったレシピを紹介します

【タコのカルパッチョ】

材料

刺身用タコ足…1本~2本
新玉ねぎ………半分
みょうが………2本
プチトマト……3ケ

●生姜…………100g
●黒酢…………100cc
●ハチミツ……大1

黒胡椒………少々
塩……………少々
エゴマ油……大1

作り方

1.新玉ねぎは薄くスライサーでスライスし、水にさらしておきます。

2.プチトマトはくし切りにします。ミョウガは千切りに。

3.タコ足の先端は少し切り落とし、薄く切ります

4.●の材料を合わせて生姜黒酢を作ります。できれば前の晩から作り置き一日経ってから使います。

5.皿の上に薄切りしたタコを並べ、上から新玉ねぎ、トマト、ミョウガを散らし、黒胡椒、塩、をふりかけます。

6.上から生姜黒酢を大さじ1とエゴマ油をかけまわして出来上がりです

サーディン缶めし

サディーン缶めし

サディーン缶めし
コレステロール、悪玉コレステロール値を下げる簡単レシピ『サーディン缶めし』

◆材料(二人分)◆

【サーディン缶】味がついていないオイルサーディン1缶(100g程度)
【玉ねぎ】小さめの玉ねぎを半分、できるだけ薄めにスライス
【大麦入りご飯】2膳分。なければお好きなご飯。

【しょうが】すりおろし。お好きなだけ
【長ネギ】みじん切り。お好きなだけ
【ニンニク醤油】適量。生のニンニクの薄皮をむき瓶に入れ、ニンニクがかぶる位に醤油を入れる。蓋をして1週間から10日保存後、使用可能

◆作り方◆

小さなフライパンを強火で熱し、サーディンをオイルごと投入。他の食用油は必要なし。多少煮崩れるが、気にせずに。そこに、すりおろししょうが投入。

火が通ったらサーディンをホカホカご飯の上に乗せる。玉ねぎのスライス、長ネギのみじん切りをのせ、ニンニク醤油をちょろっとかけて、出来上がり

簡単にできるレシピなのですが、悪玉コレステロール退治に大活躍の食材ばかりが使われています

【サーディン、鰯】魚、特に青魚は悪玉コレステロールを下げてくれると言われています。でも生魚の調理はちょっと面倒。そんな時は缶詰が便利ですね。

【玉ねぎ】玉ねぎは、コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれます。その正体は「硫化アリル」。この成分は過熱すると効力が減ってしまいます。玉ねぎを切ったら、すぐ調理、使用しないで10~15分放置し「硫化アリル」が十分発生するのを待ちましょう。

【大麦】食物繊維を多く含む大麦も、血中コレステロール、悪玉コレステロールを下げてくれると言われています。あまり食卓には馴染みのない食品ですが、プチプチとした歯触りが病みつきに。

【しょうが】しょうがは、魚の臭みを取ってくれるし、コレステロールを下げる作用もあります。

【長ネギ】長ネギにも、玉ねぎの成分と同じ「硫化アリル」が含まれています。

【ニンニク】ニンニクにも「硫化アリル」が含まれているのですが、生のニンニクは臭いも刺激も強すぎますよね。そこで醤油に漬けることによって、臭みが消え、生でも食べられるようになるし、醤油にニンニクの香りが移り、一石二鳥です。色々な料理に使える「ニンニク醤油」は作り置きしておくと便利です。

コレステロール値が高い、でも忙しくて料理している暇がないという方に、この簡単「サーディン缶めし」いかがですか

悪玉コレステロールを下げるレシピ

悪玉コレステロールを下げるレシピ

悪玉コレステロールを下げるレシピ
悪玉コレステロールを下げるレシピをご紹介します。

【タコと玉ねぎのえごま油マリネ】

タコにはコレステロールの低下に役立つタウリンが多く含まれます。
えごま油は、オメガ3脂肪酸が多く、コレステロールや中性脂肪を下げ、血液をサラサラにします。
お酢は、血液をサラサラにしてくれます。

●材料

タコ 80グラム
玉ねぎ 1/2個
乾燥バジル 適量

えごま油 大さじ1
お酢 大さじ2
はちみつ 小さじ2

●作り方

1)タコを一口大に切る。
2)玉ねぎをスライスする。
3)えごま油、お酢、はちみつをよく混ぜる
4)ポリ袋などに1のタコと2の玉ねぎを入れ、3の液と、乾燥バジルを加え、軽く揉む。
5)冷蔵庫で1時間半ほど置いて完成

【簡単サバ缶のねばねばうどん】

サバはDHAやEPAが含まれ、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす性質があります。
納豆やオクラコレステロールの排出をするための食物繊維を豊富に含みます。

●材料

サバ缶 1/2缶
納豆 1パック
オクラ 30グラム

めんつゆ お好みで
うどん 1玉

●作り方

1)オクラを茹でて、切る。
2)うどんを茹でる。
3)サバ缶納豆と切ったオクラを混ぜる。
4)茹で上がったうどんを器に盛り、3をのせて完成お好みでめんつゆをかける。

【鮭のホイル蒸し】

にはアスタキサンチンという抗酸化成分が含まれ、コレステロールの酸化を防ぎます

●材料

甘口塩鮭 1切れ
椎茸 1個
レモン 薄切り1枚

日本酒 大さじ1
ブラックペッパー 少々

●作り方

1)椎茸を薄切りにする。
2)アルミホイルにと椎茸とレモンを乗せて、アルミホイルの両端を包み、日本酒を加え、ブラックペッパーをふる。
3)アルミホイルを上までしっかり包む
4)フライパンに3を入れ、水をアルミの半分ぐらいまで入れて蓋をし、沸騰させる。
5)中火~弱火で15分ほど蒸して、完成

さんまと野菜ののっけ盛り

さんまと野菜ののっけ盛り

さんまと野菜ののっけ盛り
悪玉コレステロールを下げる食品を使ったヘルシーレシピを紹介します。

「さんまと野菜ののっけ盛り」4人分

材料・・・・・・さんま、野菜(大根1本、ニンジン1本、水菜1袋、モヤシ1袋)、エノキ茸1袋、いりごま少々

下味・・・・・・醤油、しょうが、酒(少し下味をつける程度でいいです)

ドレッシング・・醤油、お酢、ごま油、だし、赤唐辛子(小口切り)

その他・・・・・オリーブオイル

[作り方]

さんまは三枚におろし一口大に切ります。

②醤油、しょうが(チューブでもOKです)、酒を合わせさんまを漬け込んでおきます。

③大根、人参は千切りにし、水菜は5cmくらいに切って、それぞれ水にさらします。

④エノキも5cmくらいに切って、モヤシは洗ってサッと煮ます

⑤さんまに小麦粉をまぶします。

⑥フライパンにさんまが浸るくらいのオリーブオイルを入れ、色がついたらキッチンペパーや金網などに取り油をきっておきます。

⑦鍋にドレッシングの材料を合わせ、ひと煮立ちさせます。ドレッシングとしてかけるというより、盛り付けたとき野菜が浸るくらいの量にします。

⑧深めの器に、さんまと野菜を交互に重ね、ドレッシングで味をなじませておきます。冷蔵庫に入れておくとよりおいしいです

⑨最後にゴマをふりかけて出来上がりです。

まとめ

●さんま、きのこ類、オリーブオイル、お酢、ゴマ、唐辛子、生姜など悪玉コレステロールを下げる効果があります。

魚嫌いの人でも、野菜と一緒で食べやすいと好評なレシピです。ごはんのおかずには勿論ですが、お酒の肴にも合います。

●野菜もたっぷり食べれますし、お好みでお酢を多めにしたり、ほかの野菜や違うキノコなどアレンジ出来ます

 

悪玉コレステロールを下げるサラダレシピ

悪玉コレステロールを下げるサラダレシピ

悪玉コレステロールを下げるサラダレシピ
悪玉コレステロールを下げるのに効果があると言われている食材と、テレビで話題となった「酢タマネギ」(悪玉コレステロールを下げる効果があるそうです。)を取り入れたおすすめレシピをご紹介します。

事前に「酢タマネギ」はまとめて作っておきましょう。

薄切りにしたタマネギを15分ほど放置させてからガラス容器などに入れます。
そこに適量のハチミツを入れ、お酢をひたひたになるまで注ぎ、冷蔵庫で2日以上放置します。

【悪玉コレステロールを下げるサラダレシピ】

(材料:2人分)

カットワカメ大さじ2、カボチャ4分の1、ミックスビーンズ大さじ5、オリーブオイル大さじ3、お酢大さじ3、塩コショウ適量

作り方

【1】ワカメは水で戻し、カボチャはスプーンで種を取り除き、食べやすいサイズにカットします。

【2】フライパンに1センチほど水を入れて、その中にカボチャを入れて中火にします。フライパンに蓋をして蒸し、竹串がスーッと通るほどのやわらかさになったら取り出して冷ましておきましょう。

【3】オリーブオイルにお酢と塩コショウを入れてよく混ぜ、ドレッシングを作っておきます。

【4】ボウルにカボチャ、ミックスビーンズ、ワカメをいれて混ぜます。

【5】器に材料を入れて、その上に酢タマネギを適量乗せ、ドレッシングを回しかけて完成です

亜鉛サプリメントはいつ摂取(飲む)のが効果的なの?

<亜鉛サプリ効果が一番でる摂取時間とタイミング>

亜鉛は育毛や精力増強、新陳代謝の正常化や免疫力のアップといったように、様々な効果が期待できる栄養素です。また、体内の酵素をうまく活用するためにも必要です。

亜鉛不足は健康や正常な体の発達に悪影響が出る上に、毎日の食事で一日に摂取したい量をクリアしづらいという特徴もあります。

亜鉛不足が気になる人や、亜鉛を積極的に摂取して何らかの効果を高めたいと思っている人達の間では、亜鉛が多く含まれる食事よりも亜鉛サプリが人気です。

亜鉛が豊富に含まれている食材には牡蠣などが挙げられますが、毎日食べ続けるのは不可能という人も多いです。また、その他の食品には牡蠣ほどではないですが亜鉛が含まれているものも存在します。

ですがそれらをできるだけ食卓に組み入れたとしても、3食栄養バランスに気を配ってようやく一日の摂取目安量をクリアできる感じである事が多いので、これを継続していく事は結構大変なのではないでしょうか?

このように、適切に摂取する事で体に良い効果をもたらす亜鉛サプリですが効果が一番出る摂取時間やタイミングはあるのでしょうか?

<亜鉛サプリをより効果的に摂取できるタイミングとは?>

亜鉛サプリは薬ではなく、健康食品という位置づけなので、詳しく飲むタイミングなどを表記すると法律違反となってしまいます。そのため一日に飲む目安量は書いてあっても、飲み方などについてしっかり書かれていないのが普通です。

亜鉛サプリを効果的に摂取できるタイミングは特に無いという意見も多いですが、亜鉛はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率を高める事ができます。

という事は、空腹時などに飲むよりも食事と一緒に摂取した方がタイミング的には効果的だと思われます。亜鉛サプリは食後に飲んでおくと、食事で摂取した栄養素との相乗効果で吸収率が良くなるなどのメリットがあります。

ビタミンC以外では食べ物に含まれているクエン酸にも吸収率が良くなる効果があるそうです。

<亜鉛の一日の摂取量はどれくらいがベストなのか>

新陳代謝や育毛、男女の生殖機能、体内に存在する多種類の酵素に深く影響する亜鉛ですが、一日の摂取量で推奨されているのは男性で12mg~40mg、女性で9mg~35mgとなります。

これを日々の食事だけで摂ろうとすると非常に難しいです。亜鉛が入っている食品にはもともと生の状態で含まれている量というのが存在しますが、加熱する事で亜鉛の量が減ってしまう事が多いです。

そして更に、摂取した食べ物に入っている亜鉛全てが体内に吸収されるわけではありません。亜鉛はもともと吸収率が悪く、摂取した多くが体外へとそのまま排出されてしまいます。

充分な亜鉛の量を摂ろうとすれば一食だけ食事に気を使っているだけでは難しく、はっきり言ってしまいえば亜鉛サプリで補う方がはるかに簡単なのです。

亜鉛サプリであればあらかじめ配合されている亜鉛の量がわかりますし、亜鉛の吸収と相性が良い栄養素も一緒に含まれている事もあります。

<亜鉛と相性の良い食べ物!一緒に食べると効果的>

亜鉛と相性の良い食べ物は、吸収率を高めてくれるビタミンCやクエン酸が含まれている食品です。

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、いちご・柿・キャベツ・キウイ・グレープフルーツなどを食べるのがおすすめです。

亜鉛を多く含む食品は毎日食べるのが難しい物も多いのでこれはサプリメントで補い、毎日の食事は野菜や果物を取り入れてバランスのとれたメニューにしていくとより効果的です。

亜鉛は最近抜け毛が増えてきた・髪の毛のハリが無くなってきた・生理周期が乱れがち・男性機能に衰えを感じる・新陳代謝を活発化させたいといった希望がある人には特におすすめですよ。

男性におすすめ亜鉛サプリメント人気おすすめランキング

<亜鉛サプリで男性への効果>

亜鉛サプリの男性への効果はなんといっても男性機能の向上が挙げられます。それ以外にも、もともと亜鉛は人間の健康を維持する上で様々な効果をもたらす必須の栄養素ですから、男性だけに限らず女性でもしっかり摂取する事が推奨されています。

そんな亜鉛ですが、男性特有の効果にはどんなものがあるのでしょうか?

亜鉛には疲労回復や体内で働く数百の酵素と関わりがあるなど色々な効果がありますが、サプリだから単なる健康食品だと高をくくって飲みすぎてしまうと過剰症や副作用などが出て厄介な事になってしまいます。

足りなくても多すぎてもダメなこの亜鉛、一体どのような特徴や効果があるのでしょうか?

<亜鉛とはどんな栄養素?>

亜鉛とはミネラルの一種で、世間であまり持てはやされていない割にはかなり人間の体にとって重要な栄養素です。タンパク質の合成・骨の発達・各種ホルモンの分泌・酵素への働きかけなど、かなりオールマイティに活躍する陰の立役者的な効果があります。

亜鉛不足や欠乏症になると、味覚障害で味を感じられなくなったり、肌荒れが出たり抜け毛が増えたりするだけでなく、果ては勃起不全や不妊になってしまう事もあるのですから、この栄養素が不足しないように心がける事はとても重要だと言えるでしょう。

子供が過度の亜鉛不足になると、発達障害が起きてしまう事もあります。体に成長が見られないだけでなく、脳の発達にも影響が出る可能性があるので注意が必要です。

ただ、亜鉛とは体にとって非常に重要なミネラルであるにも関わらず、一日に摂取したい量をなかなか達成しづらいという特徴があります。単体で摂取しても吸収率が悪い事や、亜鉛が多く含まれている食べ物には牡蠣や牛肉といった肉類など、総じてコスパが悪い物も多く、毎日食べ続けるのが難しい物も多いからです。

<亜鉛サプリの効果・効能>

亜鉛サプリで亜鉛を摂取すると、様々な効果・効能があります。新陳代謝のアップで美肌にも効果があるとされていますし、育毛や免疫力のアップにもつながります。

亜鉛不足は男性の体にも多大な影響を与えてしまい、活力・気力が失われたり男性機能の低下といった好ましくない状況を作り出してしまいます。亜鉛サプリで一日の推奨摂取量を達成できれば、免疫力のアップや体内環境がうまく改善されたりして体の不調が改善する事も期待できます。

また、デトックス効果もあるので巡り巡って内臓機能の向上にもつながると言われています。

亜鉛は毒性を抑え、排泄されていくタンパク質を誘導する効果も持ち合わせているので、デトックスを売りにしているサプリメントにはよく亜鉛が配合されています。亜鉛の効果・効能は一言では言い表せないほど多岐にわたるものの、一言で言ってしまえば体中の健康維持に役立つ効果があります。

もちろん万能ではありませんが、人間の体を正常に保つ上で大きな効果を発揮しているのが亜鉛というミネラルなのです。

<亜鉛サプリの男性への効果とは?>

亜鉛サプリは男性が飲むと男性機能の正常化を促す効果が期待できます。

男性には勃起や精子の量などの男性機能に問題を抱えている人も多く見られ、加齢によって昔より衰えを感じるといった人もまた多く存在しています。

しかしこれ等の症状の中には、亜鉛不足が原因で引き起こされているケースも多々あります。勃起不全の一部は亜鉛不足が引き起こしているとも言われ、そのような場合は亜鉛をしばらくしっかり摂取するだけで改善につながる事もあるのです。

加齢による精力減退の場合は亜鉛サプリを摂取する事で効果を実感しやすいとも言われ、勃起不全といった機能障害をできるだけ予防したいという男性に役立ちます。

男性機能の衰えを感じていたり、妊活中で精子の質を気にする人は、まずは一日に摂取したい亜鉛の量をクリアできているかどうかを考え、足りなければ亜鉛サプリで補うようにしましょう。

<亜鉛サプリはあくまでも食事の補助として使いましょう>

多くの現代人が慢性的な亜鉛不足に陥っていると言われていますし、亜鉛は日々の食事から充分な量を摂取しづらい栄養素です。

そのため亜鉛サプリで適切に補ってあげる事で一日の推奨摂取量をクリアしやすくなりますが、亜鉛をサプリだけで摂取しようとせず、あくまでも食事の補助として活用するようにするのがポイントです。

日々の食事では栄養バランスに気を付けて食べていく必要があります。ビタミンCなど、亜鉛と一緒に摂取する事で吸収率を高めたり、亜鉛が体内で有効に使われるのを手助けしてくれる栄養素もあると考えられています。

<亜鉛を含む食材>

亜鉛は牡蠣に多く含まれていますが、その他にも野菜や肉など、幅広い食材に含まれています。しかし一食分として食べる事ができる食材一つ一つを見ていくと少量しか含まれていなかったり、加熱調理する事で亜鉛の量が減ってしまう物も多いため、充分に摂取するのはなかなか大変です。

日頃からわたしたちが頻繁に食べる食べ物の中ではタマゴや大豆、牛肉などに多く含まれています。また、野菜にも亜鉛が含まれている食材は多く、小松菜やキャベツといった馴染みの深い野菜にも亜鉛が存在するので、牛肉や卵と一緒に調理するとビタミンも摂れるので更に効果的です。

ただ、牛肉の場合はすべての部位に亜鉛が豊富に含まれているわけではなく、もも肉に多く含まれていると言われています。亜鉛の摂取を目的に牛肉を食べる場合は、もも肉を意識して食べるようにしましょう。

■牡蠣に含まれる亜鉛は他の食材とは一線を画している

亜鉛を多く含む食材の筆頭が牡蠣です。それも生牡蠣を食べると亜鉛を多く摂取する事ができる上に、アミノ酸や各種栄養素を一緒に摂取する事ができるのでより理想的な形で亜鉛を摂る事ができます。

ただ、亜鉛は過剰摂取の状態が続くと過剰症の副作用が現れてきますので、冬場などに牡蠣をたくさん食べた日は亜鉛サプリの摂取を控えるといった工夫も必要です。

<亜鉛の過剰摂取による副作用>

亜鉛は体を健康に維持したり男性機能の強化を図る上でとても大事なミネラルですが、早く効果を出したいからとか、ちょっと多めに飲んだ方が効果がありそうだからという理由で過剰に摂取すると、過剰摂取による副作用が出てしまう事があるので注意しなければなりません。

軽い過剰症の場合はお肌のコンディションが悪くなって肌荒れを引き起こしたり抜け毛が多くなる事があります。また、免疫力の低下や腹部の不快感・腹痛・発熱などを引き起こす事もあります。

亜鉛を過剰摂取し続けると果てはがん細胞が悪さをするのを促進してしまう場合があり、お金を払ってサプリを飲んで健康を害してしまうという本末転倒な結果をもたらすので、亜鉛は適切な量を摂取できるように心がけましょう。

<亜鉛サプリで良い効果を得るには亜鉛の摂取量に注目しよう>

男性が亜鉛サプリで良い結果を得るためには、一日の亜鉛の摂取量は多すぎても少なすぎてもいけません。亜鉛は男性の場合1日15mg程度を摂取する事が推奨されていますが、摂取上限量としては30mgまでに抑えておくのが無難だとされています。

亜鉛サプリは普通に食事をしていても過剰症にならない程度の量を考慮して製造されています。亜鉛サプリではだいたい7mg~15mg位の亜鉛を摂取できるとされる商品を多く見かけます。

多くの人が一日15mgの亜鉛を摂取し続ける事が難しいと言われていますので、一日15mgの亜鉛を摂取する事をクリア出来ている人でも極端な過剰症に陥る事は非常に稀です。

ですが亜鉛サプリを飲み始める前には、自分が常日頃から一日にどれくらいの亜鉛を摂取できているのかを確認しておくときちんと管理できて便利です。

農作物も肥料のバランスの管理がきちんとされていないと生育に影響が出てしまうように、人間の体に必要な栄養素も適切に管理する必要があります。日頃から食事のバランスに気を付けるようにしつつ、足りない分の亜鉛については亜鉛サプリで補給しておくようにしましょう。

亜鉛サプリ効果が出るまでの時間はどのくらい?

サプリメントの効果の現れ方や効果・効能はサプリメントによって随分違いがありますが、亜鉛サプリメントの場合は体に必須の栄養素の一つなので飲んでもムダになるという事は無く、有効に使う事が出来るのが特徴です。

育毛や妊活、美肌効果や味覚障害の改善といったように、亜鉛サプリには多くの効果・効能があります。亜鉛サプリの効果が出るまでの時間は飲む人が望んでいる効果によって若干違いがあるのが普通です。

<亜鉛サプリの効果が出るまで>

亜鉛サプリの効果が出るまでの時間は個人差の他にも求める効果により、時間を要するものと比較的早期に効果が実感できるものとに分かれます。

亜鉛サプリに限らずサプリを飲んでいる人からすれば、できるだけ早く効果が出て欲しいと思うのが普通です。しばらく飲んでいるのに全く効果が実感できなければ、サプリ代がムダに感じる上に飲み続けるモチベーションもダウンしてしまいますよね?

亜鉛サプリは亜鉛の不足分を補う使い方が一般的ですので、効果が出るまでには割と日数を要します。体内に必要な分の亜鉛が蓄積されて亜鉛不足の状態を解消しつつ、それが体内で有効に使われ始めると、亜鉛特有の効果である新陳代謝の機能がアップしたり正常化し始めるようになります。

また、体内の数々の酵素へのアプローチも盛んに行われるようになっていくでしょう。

では、亜鉛サプリの効果として代表的かつ需要が高いものについて、効果が出るまでのおおよその時間がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。

■肌トラブル・美肌目的

お肌は古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる一つのサイクルがあります。これはターンオーバーと呼ばれていますので、お肌に対しての興味がある人ならば一度は聞いた事がある言葉ではないでしょうか?

亜鉛不足の人や、一日に摂取したい推奨量をクリアできない日が続きがちな人はお肌の代謝機能が衰えがちになります。これによって乾燥肌や皮膚の炎症などが引き起こされ、肌トラブルになってしまう事があります。

このような肌トラブルを解消する目的の場合、亜鉛サプリを飲んで効果が出るまでの時間は最低でも一か月半ほどを要します。人間のターンオーバーのサイクルはだいたい35日~40日ほどですが、受けているダメージによっては2サイクルほど時間がかかってしまう事があるので三か月程度は亜鉛を飲み続けてみることをおすすめします。

■味覚障害の改善について

亜鉛不足で起きる欠乏症で多くの人が発症するのが味覚障害です。味覚障害の半数以上は亜鉛不足が原因で起きています。舌にある味を感じるための器官が生まれ変わる事で人間は味覚を維持する事ができるのですが、亜鉛不足になると細胞が生まれ変わる事ができなくなって味を感じにくくなってしまいます。

舌の細胞は10日ほどで生まれ変わりますが、味覚障害の改善のために亜鉛サプリを飲み始めてから効果が出るまでには一か月ほどかかります。

また、このタイプの人は亜鉛不足が深刻ですから、味覚が復活しても食生活が改善できない場合は継続して亜鉛をサプリで補っていく必要があるでしょう。

■勃起障害

亜鉛には男性機能の改善効果が期待できます。勃起障害は男性にとって深刻な問題なので、これを改善しようと亜鉛サプリに手を出す人も多いです。

ですが勃起障害に関しては原因がいくつも存在します。まず一度は医療機関で診断してもらうことをおすすめします。その結果、糖尿病といった生活習慣病や神経系の病気など、何らかの重篤な病が隠れている場合には亜鉛だけを飲んでも効果は望めません。

ですが勃起障害が病気由来のものではなく、加齢による男性機能の衰えである場合は亜鉛サプリが効果的です。飲んだ翌日に効果を実感できたという話もある位ですが、この点に関しては個人差による部分も大きいのでなんとも言えないのがもどかしいところです。

■男性不妊

男性不妊も基本的には医療機関への受診がおすすめです。男性側が原因の不妊は、男女両方に原因がある場合も含めて全体の半数近くになります。

最近は高齢で妊活する夫婦も増えてきているため、男性側も妊活の体作りのために亜鉛サプリを飲む人が増えてきています。亜鉛には精子の量を増やしたり、元気な精子を作り出すなど、良質な精子を作り出す効果があります。

精巣で精子が作られ、それが射精するまでには70日ほどを必要としますので、2~3ヵ月飲み続ける事で効果が出る人も増えてきます。

■女性の不妊・生理不順の改善

亜鉛は女性が飲むと不妊や生理不順の改善に役立つとされています。亜鉛は女性の体作りにも大切な栄養素です。

亜鉛を適量摂取し続ける事で、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌や働きを助ける効果が現れ始めるとされています。

ホルモンバランスの乱れによって無排卵状態だったり、生理不順だった場合は不妊の原因につながります。亜鉛を摂取する事でこれらを改善できる可能性があるので、亜鉛サプリで摂取量をコントロールすると女性の体を整えるのに役立ちます。

女性の体を整えるために亜鉛サプリを飲む場合、効果が出るまでには最低でも二か月程度は飲み続ける必要があります。亜鉛不足の日が多いとわかっている場合は時々サプリメントで補給する習慣を付けると良いですが、三か月ほどを目安として生理周期などに改善が見られる事が多いようです。

不妊についても原因は色々あります。特に30歳以降に妊活する人は、妊活を初めて一年たっても赤ちゃんが出来なかったら医療機関に相談した方が良いという意見もあります。

■育毛・薄毛のケア

亜鉛は髪の毛を作り出すのに必要で、亜鉛サプリメントを摂取する事で髪の毛の成長を促進する効果も見られます。そのため育毛や薄毛のケアのために亜鉛サプリメントを飲む人もいますが、薄毛に関しては亜鉛サプリメントだけでは改善できないケースが多いです。

亜鉛入りの育毛専用サプリメントや、サプリ以外の薄毛治療などをする事で兆しが見える事があります。亜鉛が髪の毛を作り出す効果が出るまでは1~3ヵ月程度かかりますが、髪が生えてこなくなった毛根を再生させることが出来るかどうかについてはかなり眉唾です。

<亜鉛サプリを飲み続けたい理想的な期間>

亜鉛サプリの効果が出るまでには、1ヵ月半~3ヵ月程度かかるケースが多いようです。不妊・勃起不全・味覚障害といった深刻なケースでは医師のアドバイスも必要ですが、健康的な体を作っていく上で亜鉛は欠かせない栄養素なので適切に摂取すればそれなりに体内では効果的に消費されます。

亜鉛サプリなどの栄養素サプリは、もし三か月ほど摂取しても自分では自覚できる効果が無かったとしても、体内で有効に使われているはずなので全くのムダにならない所がメリットです。

亜鉛サプリはしばらく続ける事が大切なので、効果が出るまでどれくらいかを焦るよりも、栄養補給として気長に続けてみることをおすすめします。

悪玉コレステロールの異常値は?

健康診断

健康診断

悪玉コレステロールの異常値は?

健康診断の結果で「コレステロールが異常値になった」という結果が出て、ショックを受けるかたも多いのではないでしょうか。この「コレステロール値」とは何なのかご存知でしょうか?
詳しく解説します。

悪玉コレステロールとは?

悪玉コレステロールの正式名称は「LDLコレステロール」といい、善玉コレステロールの正式名は「HDLコレステロール」といいます。

・コレステロールは細胞膜やホルモンや胆汁の元となる、体には欠かせない養分です。 LDLコレステロールは肝臓からコレステロールを末梢細胞にまで運ぶ役割をしていますが、増えすぎると血管の壁に脂肪のかたまりが出来てしまい、動脈硬化の原因になります。

・逆に HDLコレステロールには、末梢細胞で余ったコレステロールを肝臓に回収してくれる役割があります。このことから LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と呼ばれるようになりました。

コレステロールの数値

コレステロールの数値は、血液1デシリッターに含まれるコレステロールをミリグラムで表します。単位はmg/dlです。LDLコレステロールは、総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)という式で計算します。

境界域
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が120~139mg/dl以内だと、境界域といわれます。これは注意が必要な状態です。病気がないかどうか再検査し、治療の必要があるかどうか検討します。

高コレステロール血症
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が140mg/dl以上だと、高 LDLコレステロール血症と診断され、治療の必要があります。

低コレステロール血症
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が40mg/dl未満だと、低 HDLコレステロール血症と診断され、治療が必要になります。

中性脂肪値
中性脂肪値(トリグリセライド値)も重要です。150mg/dl以上だと、高中性脂肪(高トリグリセライド)血症と診断されます。

異常値が出たらどうする?

・検査で悪玉コレステロール値が高いという結果が出た場合は、すみやかに生活習慣の改善が必要です。まずは肉類や脂肪分の多い食事は減らし、DHAやEPAの多い青魚の食事に切り替えましょう。コレステロールを下げる効果のある、食物繊維の多い野菜も取るようにしましょう。

喫煙の習慣のある人は、これを機会に禁煙するのがよいでしょう。お酒は控えるようにして、適度な運動を心がけるようにしましょう。女性は閉経後にコレステロール値が高くなる傾向があるので、注意しましょう。

悪玉コレステロール下げる飲み物 トクホもおすすめ!

緑茶3

緑茶3

悪玉コレステロール下げる飲み物

悪玉コレステロールは、細胞膜や筋肉になるホルモンや胆汁の元となる大切な養分ですが、溜まりすぎると血管内で脂肪のかたまりになり、動脈硬化の原因になります。この悪玉コレステロールを下げるおすすめの飲み物を紹介します

特定保健用食品

・トクホ飲料

「特定保健用食品」という言葉を聞いたことがあるかたもいるでしょう。

略して「トクホ」と呼ばれるこの商品は、特定の保健の効果が期待できることを、

表示することが許可されている食品のことです。

・「血圧高めのかたに」「コレステロールが気になるかたに」「体脂肪が付きにくい」「血糖値が気になる」などの言葉でCMで紹介されているのでご存知のかたも多いでしょう。トクホの中でも飲料は占める割合が高い商品です。

 

トクホで代表的なコレステロールを下げる飲み物には、

ニッスイのイマークS、
大正製薬の大麦若葉青汁、サントリーの黒烏龍茶、花王のヘルシア緑茶、
キリンのパーフェクトフリー、
アサヒの十六茶W

などがあります。

トクホのコレステロールを下げる飲み物で人気でおすすめは

大正製薬が販売している”大麦若葉青汁”です
kitosan

大正製薬の大麦若葉は飲みやすいし効果も高い

”青汁”と聞くと、苦い、美味しくない飲み物というイメージを持つ方が
多いと思いますが、

最近の青汁は、飲みやすさに重点を置いているので、本当に美味しいです。
正直、市販で購入する緑茶より美味しいので、普段食事中に飲むお茶
代わりに飲むことができるので長続きします。

大麦若葉青汁は最近テレビの健康番組でも頻繫に紹介されている
”キトサン”を配合した飲み物で、

悪玉コレステロールを効率よく下げる飲み物として注目されています

製薬会社である大正製薬の商品なので安心です

 

大正製薬大麦若葉キトサン効果

 

大正製薬の大麦若葉は、飲みやすいのでおすすめです

 

しかし、トクホ以外に普段私たちが飲んでいるものにも、コレステロールを下げる
飲み物があります。

お茶でコレステロールを下げる

ローズヒップティー
ハーブのローズヒップには、コレステロールを減少させ中性脂肪と血糖値を抑える効果があるので、まさに理想のコレステロールを下げる飲み物といえます。また、ビタミンCはレモンの20倍もあり、鉄分やカルシウムやリコピンも豊富に含まれています。しかもノンカフェイン、低タンニンなので安心安全です。

杜仲茶
杜仲茶にはコレステロールを下げる働きがあるとともに、血管を広げて血の巡りをよくし肝臓と腎臓の働きを助ける効果があります。杜仲茶を取り続けると、長寿ホルモンであるアディポネクチンが増えるというデータもあります。

緑茶
お茶に含まれているカテキン(タンニンの一種)は、コレステロールの吸収を抑える効果があります。1日3回、できれば茶葉ごと飲むのが理想的とされますが、タンニンには摂取しすぎると鉄分が吸収されにくくなり貧血を起こすこともあるので、飲みすぎは禁物です。

紅茶
カテキンと赤い色素のテアフラビンというポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、血管を活性化させる作用があります。

その他の飲み物

豆乳
中性脂肪と悪玉コレステロールを減らす効果がある、大豆たんぱく質が豊富に含まれています。

オレンジジュース
脂肪肝を予防してコレステロール値を正常にしてくれる、イノシトールという健康成分が入っています。

赤ワイン
ポリフェノールが豊富で、1日グラス2杯までなら善玉コレステロールを増やしてくれるといわれています。

 

悪玉コレステロールを下げる飲み物商品名で紹介

サントリー黒ウーロン茶

黒烏龍茶

テレビコマーシャルで有名なサントリーの黒ウーロン茶。

サントリー黒ウーロン茶の特徴には脂肪の吸収を抑える、身体に脂肪がつきにくい
のが特徴です。

ウーロン茶に含まれている「ウーロン茶ポリフェノール」が特に脂肪の吸収を抑える
効果が高い成分の1つです。

それは小腸で脂肪を分解して吸収しやすくする酵素の働きを抑えるのです。
そのことで、脂肪の吸収が抑えられて、体外に排出されていきます。

食後の血中中性脂肪の上昇を抑えて、体に脂肪がつきにくくなるのが大きな特徴となります。脂肪の多い食事を摂ることが多い人や、中性脂肪が高めの人や、体脂肪が多くて気になっている人の改善に効果が期待されるのです。

サントリー黒ウーロン茶を食事と一緒に摂ることで、食事で摂った余分の脂肪の吸収を抑制して排出するのです。ダイエットを目指している人にとっても助けとなるお茶です。

値段:350mlは160円、1000mlのものは429円、1500mlは552円です。

 

ニッスイのイマークS
イマークSは、中性脂肪を下げる効果があると言われている特定保健用食品です。

 



一般的に、中性脂肪を下げるためにはお茶が有効だと言われています。
しかし、中性脂肪を下げるためにはカテキンとポリフェノールが必要だと言われています。
そのため、カテキンとポリフェノールを多く含んでいる烏龍茶が良いとされていますが、毎日飲み続けていくのが難しいと感じる方もいることでしょう。

しかし、ニッスイのイマークSは、青魚に含まれているEPAやDHAを配合しており、継続的に摂取していくことで血液中の中性脂肪の値を下げる効果が期待されます。
また、一日につき一本を目安に摂取していくので、烏龍茶やお茶のペットボトルを買うよりも安く済むのです。

ただし、ニッスイのイマークSは、スーパーやコンビニエンスストアで販売されているものではなく、通販で販売されているものになります。
公式のサイトやインターネットショッピングのサイトなどでも扱っていますので、一度見てみてはいかがでしょうか。

気軽に飲んで中性脂肪を下げる効果のあるイマークSを試してみてはいかがでしょうか。

花王ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶

 

毎日飲むお茶を変えるだけであなたも健康になれるかもしれません。
最近では、様々なメーカーから健康や美容を意識したお茶が発売されていますが、

花王ヘルシア緑茶」もその一つです。
花王ヘルシア緑茶は、脂肪を代謝する力を高めるお茶なので体脂肪が気になる方に
お勧めです。
「毎日飲んでいたら体重が減った」と報告されている例もあり、
ダイエット効果が高い飲み物でもあります。

その理由は、脂肪を分解と消費に働く酵素の活性を高める「茶カテキン」が豊富に含まれているからです。
茶カテキンとは、日本の緑茶に多く含まれるもので抗酸化作用を要するポリフェノールの一種です。

茶カテキンには脂肪の燃焼のほかにも殺菌作用、抗がん作用、高血圧低下作用、血糖値上昇抑制作用などの多くの生理作用があります。

一本当たりの価格は190円ほどで、スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなどで購入が可能です。
通販サイトのほうがお値うちに購入できる場合もあります。

花王ヘルシア緑茶には高濃度の茶カテキンが含まれているため効果も絶大なのですが、緑茶には「カフェイン」が多く含まれているので、健康になりたいからと言って飲みすぎには注意しましょう。

人によって胃腸に不快感を覚える場合もあります。

キリンのパーフェクトフリー

悪玉コレステロールを下げる

キリンのパーフェクトフリーは、食物繊維の一種である難消化性デキストリンを配合し、脂肪の吸引を抑えているノンアルコールのビールテイスト飲料です。

難消化性デキストリンとは、消化にしくい食物繊維であり、糖質や脂質の吸収スピードを緩めるはたらきをもっています。

ダイエットをする上ではこの作用は大変重要です。
人間は食べ物を摂取すると血糖値が上がるのですが、急に上がれば上がるほど太りやすくなります。

ですから緩やかに上昇すればそれだけ太りにくくなると考えることが出来ます。
食物繊維なので腸の調子を整える効果を期待することが出来ます。
便通がよくなるので代謝が上がります。

内臓脂肪を低下させるはたらきも持っています。
内臓脂肪がつきにくくなる効果がありますが、内臓脂肪が減るわけではないので注意が必要です。
ミネラル成分の吸収を高めるはたらきももっています。
カロリーゼロ、糖質ゼロなノンアルコールビールテイスト飲料で、のどごしもよく味も爽快なので、食事などの際にお茶の代わりにいただいても問題ないです。
ダイエット中にどうしてもビールを飲みたい人などにもおすすめです。
キリンのパーフェクトフリーの値段ですが、350ミリリットルで158円(税込み)です。

アサヒの十六茶

16tya

アサヒの十六茶は、1993年の発売から23年間で十数回にも及ぶリニューアルを重ねた結果、長年愛されるお茶のブランドとなりました。そこでアサヒ十六茶の人気の秘密を紹介します。
まず十六茶というネーミングの由来は、6臓6腑+4味覚という東洋の考えをもとに、厳選した16種類の素材を使用していることから来ています。身体の内6臓6腑と身体の外4味覚に対し、バランス良く刺激を与えることを目的としています。ちなみにこだわりの十六素材とはヒマワリの種・たんぽぽの根・黒豆・昆布・ナツメ・大麦若葉・びわの葉・発芽大麦・大麦・カワラケツメイ・ハトムギ・玄米・桑の葉・ハブ茶・発芽玄米・とうもろこしです。これら日本人になじみ深い健康素材を多く配合することで、日本人好みの甘みと香ばしさを実現しているのです。さらにお水は純水を使用しているので、深い味わいとスッキリした飲み心地を実感できます。また十六茶はカフェインゼロなので、妊婦さんや授乳中のママさんでも安心して飲めます。
最後に十六茶の主な商品ラインナップを紹介します。缶入りは、245g(希望小売価格税別86円)と340g(115円)の2タイプです。ペットボトルは、275ml(115円)と350ml(124円)、600ml(140円)の3タイプです。あくまでもメーカー希望小売価格なので、スーパーなどではもっと割安で購入できます。

 

大正製薬が販売している”大麦若葉青汁”です
kitosan